ニコン「D780」は、今季の注目すべきニューモデルだ。一眼レフらしさや光学ファインダーの見やすさにこだわりのある人向けで、大きさと重さが苦にならないなら、さまざまなジャンルの撮影に柔軟に対応できるのがいい。

信頼感や重厚感が伝わるマグネシウム合金ボディ

一眼レフ
フルサイズ

ニコン
D780
●実売価格例:27万2770円(ボディ)
●サイズ・重量/幅143.5㎜×高さ115.5㎜×奥行き76㎜・840g

画像: 信頼感や重厚感が伝わるマグネシウム合金ボディ
画像: ミラーレス一眼に比べると大がらだが、そのぶん、ゆったりめの操作レイアウトになっている。グリップも大きくて握りやすい。

ミラーレス一眼に比べると大がらだが、そのぶん、ゆったりめの操作レイアウトになっている。グリップも大きくて握りやすい。

画像: 撮影時に必要なボタン類は右手側、メニューや再生時に使うボタンは左手側に集められている。モニターは3.2型のチルト式だ。

撮影時に必要なボタン類は右手側、メニューや再生時に使うボタンは左手側に集められている。モニターは3.2型のチルト式だ。

レンズマウント有効画素数
ニコンF2450万
AF測距点最高感度
51点ISO 20万4800
最高連写速度撮影可能枚数
7コマ/秒2260枚

ライブビューや動画撮影時のAFが大幅に高速化。高い満足度が得られる一台

ミドルレンジのフルサイズ一眼レフ。がっしりした作りのマグネシウム合金製ボディは大がらで重いが、防塵・防滴性もあり、信頼感や重厚感が伝わってくる。上位のD850同様にストロボを内蔵していないのが外見上の特徴だ。

グリップも大きめで握りやすく、手の大きな筆者にとってはとても操作しやすい。前後二つの電子ダイヤルで露出調整も容易かつ素早く行えたし、51点測距のAFも速くて快適だった。

従来モデル(D750)と比べ、ライブビューや動画撮影時のAFが大幅に高速化した点も注目。従来は、ファインダー撮影時に比べるべくもないほどもっさりしていたのが、きびきび動くようになり、動体追従や人物の目にピントが合う瞳AFなども可能になった。

実写は、AF-S24〜120ミリレンズで行った。広角端の絞り開放でやや甘さが見られた以外は申し分のないハイレベル。高感度の画質も上々だった。便利さではこのレンズがおすすめだが、より高画質を求めるなら、さらに高級タイプのものも用意されている。

フルサイズの一眼レフだけに大きさや重さは我慢しないといけないが(価格の高さもだが)、そのあたりが納得できるなら、高い満足度が得られる選択肢だと思う。

■フルサイズならではの大きなボケ表現も見どころの一つ

画像: ピントが合った部分はとてもシャープで、金属らしい質感もきれい。フルサイズならではの大きなボケ表現も見どころの一つだ。

ピントが合った部分はとてもシャープで、金属らしい質感もきれい。フルサイズならではの大きなボケ表現も見どころの一つだ。

■採点表

基本画質高感度画質
★★★★★★★★★★
AF・連写ボディの作り
★★★★★★★★★★
先進機能レンズラインアップ
★★★★★★★★★★
※満点は5個

■こんな人におすすめ!
一眼レフらしさや光学ファインダーの見やすさにこだわりのある人向け。大きさと重さが苦にならないなら、さまざまなジャンルの撮影に柔軟に対応できる。

※価格は記事作成時のものです。

■解説/北村智史(カメラライター)

This article is a sponsored article by
''.