新型コロナウイルスの感染拡大に伴い3月28日から2か月以上休園していた多摩動物公園が、6月4日(木)に営業を再開した。再開後の最初の週末となった6月6日(土)に訪れた筆者が、混雑状況や、感染症の予防対策などをレポート。何時頃からチケット売り場に列が出来た?お昼ご飯はどうする?など、親子連れで遊びに行く際に気になるポイントをチェックした。

開園時間の混雑状況

営業時間は10時から16時(入園は15時まで)の短縮営業

3月28日より2か月以上休園していた 多摩動物公園が、6月4日(木)に営業を再開した。再開後の最初の週末となった6月6日(土)に、筆者が子連れで訪れてみた。

この日は、渋滞を見込んで早めに出発したため、筆者が動物園正門前に到着したのは8時半。さすがに早すぎて、近隣駐車場にも数台しか止まっていなかった。9時前から正門前に徐々に人が集まり始め、9時過ぎから2メートルの間隔を開けて列ができはじめた。

画像: ソーシャルディスタンスを保つため、2mごとに白線が引かれている正門前のチケット売り場

ソーシャルディスタンスを保つため、2mごとに白線が引かれている正門前のチケット売り場

列は、年間パスポートや前売り券を持っている人の列、現金で券売機で購入する列、クレジットカードや電子マネーを利用するために窓口で購入する列と分かれている。券売機も窓口も列の長さに大きな差はなかった。9時半には、およそ300名が正門前に並んでいたため、9時35分ごろにアナウンスが流れ、開園時間が15分早まり、9時45分になった。

週末の混雑状況

混雑状況については、多摩動物公園公式ツイッター(@TamaZooPark)で公表され、6月6日(土曜日)は、11時(約2,250名)、12時(約3,000名)、13時(約2,800名)だった。人数を数字で見ると多いように思えるが、広い園内なので、混雑して並ばなくては動物が見られない、というようなことは全くなかった。

また、翌7日(日曜日)に公表された入場者数は、11時(約2,800名)、12時(4,300名)、13時(約5,000名)。13時時点でのツイートでは、【園内はにぎわっております】とアナウンスされた。屋外施設のため、天気にも大きく左右される入場者数だが、やはり週末では土曜日のほうが、入場者数が少ない傾向にありそうだ。

多くの人がマスクを着用

熱中症に注意!

この日の東京の最高気温は28度。都心に比べ、山の中で涼しい園内のはずだが、体感的にもかなり蒸し暑い日だった。園内では、ほとんどの人(小学生以上)がマスクを着用していたが、高低差のある園内でマスクをつけて歩き回ると、かなり息苦しさを感じた。園内アナウンスも頻繁に流れ、熱中症予防を呼びかけていた。これから夏にかけて訪れる際には、水分をとり、人とすれ違わない場所ではマスクを外すなどして、いつも以上に体調管理に気をつけなければならないと感じた。

シャトルバスは終日運休中

画像: シャトルバス運休のお知らせ

シャトルバス運休のお知らせ

幼い子供や年配者がいるグループは、園内シャトルバスが運休しているので要注意だ。筆者は知らずに動物園を訪れ、開門直後にバス停に向かい、ここで初めてシャトルバスが運休していることを知った。多摩動物公園は山の中に作られているため、園内は平たんなエリアはあまりなく、ほぼ坂道。かなりの急斜面も多い。園内を移動するだけで、幼い子供にとっては相当な体力が必要。お目当ての動物を見る前に、疲れて機嫌が悪くなってしまうのではないか?と少し不安になった。

大人気オランウータンのスカイウォークも見られる!

時間変更で、見られるのは開園〜13時半ごろまで

2019年12月から冬季休止されていたオランウータンのスカイウォークも、再開された。しかも、これまでは11時半から2時間程度しか見られなかったが、見られる時間が長くなった。

画像: 10時15分頃、散歩しているオランウータン

10時15分頃、散歩しているオランウータン

スカイウォークは、地上約15メートルのロープ上で、オランウータンたちが見せる「空中散歩」。頭上をオランウータンたちが、時に楽しそうに、また優雅に歩く姿は何度見ても飽きることがない。

このエリアは、正門から一番奥に位置している。いつもなら正門前からシャトルバスに乗って、上り坂をバスでいっきに移動してしまうが、今回はシャトルバス運休に伴い歩くしかない。4才のこどもと一緒に正門から20分以上かかけて、ようやくたどり着くことができた。

多摩動物公園の感染症対策

見学スペースには白線とコーン

画像: 1メートルごとに引かれた白線と、柵の前に立てられたコーン

1メートルごとに引かれた白線と、柵の前に立てられたコーン

感染防止対策として、多くの動物の見学スペースには、1メートルごとに白い目安の線が引かれている。来園者がお互いの距離を確認しながら、動物を観察できるようにするためだ。さらに、人から動物への感染を防ぐため、柵に近づきすぎないようにコーンがおかれ、一定の距離が保たれるような対策が取られている。

この白線があることにより、確かに周囲の人との距離を意識することができた。人が集まっているところを避けるか、空くまで離れたところで待つか。筆者だけでなく、周りの来園者もなんとなく気にしている様子が伝わってきて、効果的な対策だと感じだ。

画像: ユキヒョウ2頭分が2メートルと、感染症予防を呼びかける

ユキヒョウ2頭分が2メートルと、感染症予防を呼びかける

人が集まりそうな見学スペースは立ち入り禁止

見学スペースの中でも、特に動物に近づけるエリアや、屋内外の両方から見学できる動物の屋内展示は、感染予防のために立ち入りが禁止されているところが多くあった。少し残念ではあるが、人から人、人から動物へ感染症を広めないために必要な措置だ。

画像: アフリカゾウのエリアでは、近くで見られるスペース、上から見下ろせるやぐらへの立ち入りが禁止されている

アフリカゾウのエリアでは、近くで見られるスペース、上から見下ろせるやぐらへの立ち入りが禁止されている

撮影スポットやオブジェは立ち入り禁止

画像: カンガルーのおなかの中から顔を出して撮影できる人気スポットも使用禁止

カンガルーのおなかの中から顔を出して撮影できる人気スポットも使用禁止

園内の様々なところにあるオブジェや撮影スポットの多くが、コーンで囲まれて使用禁止となっていた。どれも、子供に人気で触ったり上ったりするようなものばかりなので、子供にとっては残念。しかし、多くの人の手に触れることになるため、対策としては必要だと感じた。親としても、子供に「触らないで」と言う必要がないので、コーンに囲まれて使用禁止となっている方が、気が楽だ。

画像: 子供が上ったり触ったりして喜ぶ卵のオブジェの周りにもコーンが置いてあった

子供が上ったり触ったりして喜ぶ卵のオブジェの周りにもコーンが置いてあった

「密」な場所も…

旧型車両の展示シャトルバスは、密!

この日一番の密の場所を発見した。それは、園内に数台展示してある昔使用していたシャトルバスの展示だ。休憩所として利用できるスペースだが、運転席にも座れるとあって、いつも子供たちに大人気。順番待ちの列ができるほどだ。なぜかここは、使用禁止にはなっていなかった。どうしても子供を密集した場所へ行かせたくないという人は、子供の目から展示バスを隠して移動することをお勧めする。

画像: 旧型車両のシャトルバス www.tokyo-zoo.net

旧型車両のシャトルバス

www.tokyo-zoo.net

売店では行列も

12時前後のランチ時間を中心に、ほとんどの売店では行列ができていた。どうしても人との接触を避けたい場合は、弁当を持参して、売店のない広場で休憩したほうがいい。売店も自販機もない広場では、12時前後を除けば、置かれている椅子とテーブルに空きが目立っていた。

正門前のギフトショップの前には、距離を保つための目安の線が引かれている。ギフトショップの入場制限については、ツイッターでも随時発信されている。お目当ての商品がある場合など、絶対にお土産を購入したい人は、園内を周る前に、まずはお土産を買うと混雑を避けられるかもしれない。

画像: ギフトショップ前には、黄色の線が引かれている

ギフトショップ前には、黄色の線が引かれている

まとめ

子連れでも安心して楽しめる!

園内では、感染症予防対策がとられ、子供連れでも安心して楽しむことができた。来園者一人ひとりの心がけ次第で、さらに安心して楽しむことができる動物園として、これからも営業を続けていけるはずだ。休園中は、ちょうど春の出産シーズン。キリンやチンパンジーなどのこどもたちの姿もたくさん見ることができ、かわいい姿に癒された。今後も、新型コロナウイルスの状況により、休止する展示施設等の営業状態も変わるだろう。最新情報を公式ホームページでチェックをしたうえで、また動物園を訪れたい。

画像: 園内のいたるところで、動物園スタッフの工夫を凝らした感染症予防対策が見られた

園内のいたるところで、動物園スタッフの工夫を凝らした感染症予防対策が見られた

【多摩動物公園】
〒191-0042 東京都日野市程久保7-1-1
▼京王線、多摩モノレール「多摩動物公園駅」下車、徒歩1分
▼中央自動車道「国立府中IC」から約20分
公式サイト

◆小嶋彩葉(編集ライター)
医療系広告代理店の勤務を経て、編集兼ライターとして独立。現在は、子育て・旅行・映画関連記事などを中心に執筆活動を行う。また、2児の母として、育児に奮闘中。

This article is a sponsored article by
''.