初年度のポイント還元率3%ということで一躍有名になった「Visa LINE Payクレジットカード」。しかし2021年4月30日までという条件があります。できればずっとポイント還元率3%をキープしたいですよね。そこで本記事では、私も実践している「Visa LINE Payクレジットカード」の裏ワザを解説します。半永久的にポイント還元率3%になる方法なので、ぜひ参考にしてください。

「Visa LINE Payクレジットカード」とは

画像: www.smbc-card.com
www.smbc-card.com

「Visa LINE Payクレジットカード」とは、スマホ決済のLINE Payと国際ブランドのVisaが1つになったクレジットカードです。初年度ポイント還元率3%という圧倒的なお得度を誇り、今一番おすすめできるキャッシュレス決済になります。

【基本情報】

カード名Visa LINE Payクレジットカード
ポイント還元率2021年4月30日まで3%
※通常時は1%
年会費1,375円(税込)
※初年度無料で、年1回のカード利用で来年度も無料
国際ブランドVisa
タッチ決済あり

「Visa LINE Payクレジットカード」のメリット

ここでは「Visa LINE Payクレジットカード」を利用するうえで、押さえておきたいメリットを3つ解説します。

ポイントの貯まるスピードが圧倒的

「Visa LINE Payクレジットカード」の最大のメリットは、何といってもポイント還元率の高さです。初年度(2021年4月30日)まで3%に設定されており、他のクレジットカードやスマホ決済よりも圧倒的になっています。

【比較】

キャッシュレス決済ポイント還元率条件
楽天カード1%~楽天関連サービスと連携でポイント還元率アップ
PayPay最大1.5%毎月のPayPay利用回数などでポイント還元率アップ
モバイルSuica2%鉄道利用時
Visa LINE Payクレジットカード3%条件なし(2021年4月30日まで)

上記のように、お得だと評判のキャッシュレス決済と比較しても、「Visa LINE Payクレジットカード」のポイント還元率3%はまさに破格です。さらに、「Visa LINE Payクレジットカード」は無条件でポイント還元率3%を実現できるという特徴があります。

画像: 1か月程度にわたって「Visa LINEPayクレジットカード」を利用した際の画像

1か月程度にわたって「Visa LINEPayクレジットカード」を利用した際の画像

上記のように、「Visa LINE Payクレジットカード」を1か月間にわたって利用してみると、約2,500ポイントも貯めることができました。
※私は関東圏で一人暮らしをしており、買い物の大半を「Visa LINE Payクレジットカード」でまとめた場合です。

つまり、誰が利用しても3%のポイント還元を手軽に受けられるということなので、使いやすさも抜群。「何も考えずに使ってもお得なキャッシュレス決済を探している」という人にもおすすめできます。

Visaのタッチ決済機能を搭載

「Visa LINE Payクレジットカード」にはタッチ決済機能が搭載されています。専用端末が設置されている店舗なら、クレジットカードをかざすだけで支払いが完了。キャッシュレス決済の中でも非常にスピード感があるのが特徴です。

ただ、タッチ決済機能に関してはユーザーの好みが分かれます。私はICカードを読み取るタイプの支払い方法が好みです。Visaのタッチ決済と使い分けるのが面倒な方は、ライフスタイルに合わせて統一してしまうと楽になります。

半永久的にポイント還元率を3%にする「Visa LINE Payクレジットカード」の裏ワザ

画像: 半永久的にポイント還元率を3%にする「Visa LINE Payクレジットカード」の裏ワザ

いよいよ本題の「Visa LINE Payクレジットカード」を活用した裏ワザを紹介します。裏ワザといっても手順はシンプルで、2020年10月までに「Visa LINE Payクレジットカード」を発行し、毎月3万円程度のショッピングをするだけです。

【手順】

  1. 2020年10月までに「Visa LINE Payクレジットカード」を発行
  2. 毎月約3万円程度にわたって買い物をする
  3. 半永久的にポイント還元率が3%になる

少し解説が長くなるので、順を追って説明します。

「Visa LINE Payクレジットカード」で貯まるのはLINEポイント

「Visa LINE Payクレジットカード」を利用した場合、貯まるポイントの種類はLINEポイントです。つまり、LINEポイントクラブの仕組みが適用されるということになります。

LINEポイントクラブとは、LINE Payなどに導入されているポイント制度のこと。過去6か月間にわたって獲得したポイント数に応じて会員ランクが決定し、ポイント還元率アップやクーポンなど、さまざまな特典が用意されています。

画像: points.line.me
points.line.me

上記の画像のように、プラチナランクの会員だとLINE Payの「チャージ&ペイ」がポイント還元率3%で利用できるのです。

プラチナランクになるための条件

LINEポイントクラブでプラチナランクになるための条件は2つあります。

  • 過去6か月間で5,000ポイントを獲得
  • 「Visa LINE Payクレジットカード」を発行し、LINE Payに紐づける

LINE Payのみで5,000ポイントを貯めようとすると、かなりの時間とお金が必要になります。しかし、ポイント還元率3%の「Visa LINE Payクレジットカード」を活用すれば、約18万円分の買い物でプラチナランクに到達可能です。

18万円は高額ですが、6か月間でわけてもいいので、毎月3万円程度のカード利用で済みます。つまり、「Visa LINE Payクレジットカードを6か月間にわたって3万円ずつ利用すると、LINE Payのポイント還元率が3%になる」ということになります。

なぜ半永久的にポイント還元率3%になるのか

「Visa LINE Payクレジットカード」のポイント還元率が3%なのは2021年4月30日まで。高速でプラチナランクになるためには、余裕を持って6か月前の2020年10月から使い始める必要があります。

しかし、一度LINEポイントクラブでプラチナランクになれば、あとは支払い方法にLINE Payを利用すればOK。具体的には毎月3万円程度にわたって「チャージ&ペイ」を活用すれば問題ありません。

また、読者の中には、「LINE Payのポイント還元率が3%になったところで意味あるの?」と思う方も多いはずです。しかし、LINE Payの加盟店は日本全国に広がっています。飲食店や家電量販店以外にも、ライフ、成城石井といった日常生活に役立つ店舗も豊富です。

今のうちに「Visa LINE Payクレジットカード」を発行しておいて絶対に損はありません。正直な感想を述べると、他のキャッシュレス決済と比較して頭一つ抜けている印象です。

私と同じ一人暮らしの方はもちろん、ファミリー層でも活用できる裏ワザなので、興味があればぜひ試してみてください。

◆平本良太
クレジットカードやキャッシュレス決済の最新情報に明るいWebライター。ファッションやグルメを中心にトレンド記事も手がける。

This article is a sponsored article by
''.