キャッシュレス還元事業終了後のスマホ決済のおすすめについて解説する。「楽天市場」という最大の通販サイトを擁する「楽天ペイ」なら、ポイントも共有して使えていい。また、「ファミペイ」はファミリーマートのみの利用だが、商品がもらえるスタンプ企画や無料クーポンなど特典が満載だ。

オンライン生活 マネー・買い物編
スマホ決済は「還元」から「使い勝手」の時代へ

キャッシュレス還元事業終了後のスマホ決済のおすすめは?

6月30日をもってキャッシュレス・ポイント還元事業が終了したことを契機に、スマホ決済各社が展開してきた赤字覚悟の大型キャンペーンも一段落の傾向にある。

各社のポイント還元率は横並びとなりつつあり、もはや大差ない状況だ。今後は使い勝手を重視してスマホ決済を選ぶべきだろう。

そこで重要になってくるのが、「使える店の多さ」と「ポイントの汎用性」だ。

例えば、利用できる店舗数なら全国230万ヵ所以上を誇る「PayPay」が圧倒的。

ポイントの汎用性では、国内最大級の通販サイト「楽天市場」の支払いにも使える「楽天ペイ」が、頭一つリードの感がある。

楽天ペイ

スマホ決済の中でも、「楽天市場」という最大の通販サイトを擁する「楽天ペイ」。ポイントも共有して使えるので非常に便利だ。

画像: 楽天ペイ

一方、やはり特典を重視したいというなら、商品の無料引き換えクーポンを多数提供している「ファミペイ」も要チェックだ。

ファミペイ

使える店は基本的にファミリーマートのみだが、そのぶん商品がもらえるスタンプ企画や無料クーポンなど、特典が満載。

画像: ファミペイ

◆解説/篠原義夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.