コロナ禍により、近頃は飲食店の料理や飲み物を自宅で味わう「テイクアウト」がすっかり主流になりました。出来立ての料理はもちろんのこと、お酒のテイクアウトも人気ですよね。そのなかでも、お酒の「量り売り」が都内を中心にしずかなブームになっているのをご存じですか?この記事では、ビールの量り売り用容器「グラウラー」をご紹介。

ビールの量り売りが人気

コロナ禍により、近頃は飲食店の料理や飲み物を自宅で味わう「テイクアウト」がすっかり主流になりました。出来立てのおいしいお料理はもちろんのこと、お酒のテイクアウトも人気ですよね。そのなかでも、お酒の「量り売り」が都内を中心にしずかなブームになっているのをご存じですか?

今、東京を中心に、全国でワインやビールなど、様々なお酒の量り売りが登場しているんです。そのなかでも、クラフトビールの量り売りは特に人気です。

しかし、量り売り未経験の方はおおいはず。ビールの量り売りと聞いて、「えっビールってそもそもテイクアウトできるの?」「容器はどうなってるの?」と思った方はいませんか?

ビール専用水筒「グラウラー」

ビールの量り売りに使われるのは「グラウラー」という容器。生ビール専用の再利用できる持ち帰り瓶のことで、日本で手に入るものはほとんど魔法瓶の水筒のようなルックスをしています。サイズは、64オンス(約2000mL)や、32オンス(約1000mL)のものが一般的です。

もちろん、グラウラーは、量り売りだけでなく、キャンプやBBQなどのアウトドアにもぴったり。冷たくてしっかりと炭酸の守られたビールを、屋外でも長く楽しむことができますよ

グラウラーは、Amazonなどの通販サイトや、量り売りを行っている実店舗などで簡単に手に入れることができます。気になった方はぜひチェックしてみてくださいね!

グラウラーのおすすめ

STANLEY(スタンレー)

画像1: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

世界トップクラスのビール消費国アメリカで開発された、量り売りビールを持ち運ぶためのボトル。
ビールはもちろん、氷や水などを入れ日常のジャグとしても使えます。温かい飲み物は、開閉の際にやけどの恐れがあるためご使用を避けてください。

Hydro Flask(ハイドロフラスク)

画像2: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

耐久性・耐錆性にすぐれた18/8ステンレスを使用し、飲み物を美味しく保ちやすく、お手入れもしやすいボトル。ステンレスを二重にすることで真空断熱構造を実現しています。最大24時間 保冷することが可能。表面に特殊なパウダー加工をほどこし、濡れた手でも握りやすく滑りにくい仕様になっています。

DrinkTanks(ドリンクタンクス)

画像3: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

風味を損なわない食品用ステンレスと炭酸を閉じ込めるダブルベイルシステムを採用したボトル。高い保冷・保温を実現した真空断熱構造、断熱性をさらに高めた分厚い蓋でビールの美味しさを守ります。食洗器で丸洗いOKでお手入れも簡単。最大24時間の保冷できます。

まとめ

いかがでしたか?おうち時間をグッと格上げしてくれる美味しいビールですが、最近では量り売りを利用してお好きな分だけ購入することができます。あなたも「MYグラウラー」で量り売りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?アウトドアやBBQでも大活躍してくれること間違いなし!

This article is a sponsored article by
''.