密閉・密集・密接の"3密"を避けるために、「NAVITIME」で交通機関の混雑状況のチェックしよう。また、全国の主なスーパー、ドラッグストア、ホームセンターなどの混雑状況がわかる「お買物混雑マップ」もおすすめだ。Android版は「おでかけ混雑マップ」というアプリだ。

出かける前に店や交通機関の混雑具合をアプリでチェック!

コロナウイルス感染拡大防止のため、密閉・密集・密接の"3密"を避けることが推奨されている。そんな新しい生活様式に対応したアプリも登場している。

おでかけ混雑マップ」は、全国の主なスーパー、ドラッグストア、ホームセンターなどの混雑状況がわかるAndroidアプリだ。そもそもはブラウザーで提供されている「お買物混雑マップ」というサービスの機能強化版なので、iPhoneではウェブ版の「お買物混雑マップ」を利用しよう。

おでかけ混雑マップ

Google Play で手に入れよう

※本アプリの無償提供期間は2020年12月までを予定しています

行動ビッグデータやツイッターのデータをAIが解析し、店の混雑状況を3段階で表示。過去1週間の時間別の混雑状況も確認できる。

ビッグデータから混雑がわかる!

画像: おでかけ混雑マップ

一方、交通機関の混雑状況のチェックには「NAVITIME」が重宝する。独自のシミュレーションによって混雑を予測し、「混雑を避けたルート」が提案される「電車混雑回避ナビゲーション」というサービスを提供している。

NAVITIME

AppStoreからダウンロード Google Play で手に入れよう

「電車混雑回避ナビゲーション」は経路検索の結果に表示される。「乗換NAVITIME」「auナビウォーク」でも利用できる。

独自調査とシミュレーションで混雑を予測

画像: NAVITIME

◆解説/村元正剛(ITライター)

This article is a sponsored article by
''.