ドコモのプラン「ギガライト」には家族割の「みんなドコモ割」が適用される。三親等以内にドコモユーザーがいれば、ファミリー割引のグループを組むことで、料金が下がる。2回線で550円、3回線で1100円。3回線以上なら、1Gバイト以下の料金は2178円だ。auやソフトバンクもほぼ同様のプランがあるので紹介する。

大手キャリアは家族割や固定回線セットで料金割引をねらう

高いと思われがちな大手キャリアの料金だが、それはあくまで割引を適用しなかったときの話。大容量プランが充実しているうえに、家族割や固定回線とのセット割の割引額も大きいため、こうした仕組みを駆使すれば、ある程度料金を抑えることは可能だ。

例えば、ドコモの段階制プラン「ギガライト」は、2年契約ありか、「dカードお支払割」をつけたとき、1Gバイト以下で3278円になる。以降は2Gバイトごとに料金が1100円ずつ上がる仕組みで、5Gバイトを超えた際の料金は最大の6578円だ。これだけ見ると確かに高いが、ギガライトには家族割の「みんなドコモ割」が適用される。三親等以内にドコモユーザーがいれば、ファミリー割引のグループを組むことで、料金が下がる。2回線で550円、3回線で1100円。3回線以上なら、1Gバイト以下の料金は2178円になる。

また、ドコモ光を契約していれば、1Gバイト超からは「ドコモ光セット割」の対象になる。これも、ファミリー割引のグループ内に契約者がいればいい。3Gバイト以下の場合は550円、それ以上は1100円の割引が受けられるため、7Gバイト使っても家族割と併用で4378円になる。

auもほぼ同様のプランを用意し、ソフトバンクも家族割で4回線まで割引が増える料金プランを用意している。さらに、15歳未満の子供や、60歳以上のシニアがスマホを持つ際の専用プランやキャンペーンもあり、該当者は料金を安く抑えることが可能だ。

条件に合えば、大手でも料金を抑えることが可能

キャリア・プラン名月額料金データ容量お得情報
ドコモ
ギガライト
1Gバイトまでの料金
1回線:3278円
2回線:2728円
3回線以上:2178円
※「dカードお支払割」
または2年契約利用時
1G~7Gバイト
まで段階別
1Gバイト以下の容量に
抑えれば、家族割適用で
2178円からと、サブ
ブランド並みの料金に!
au
ピタットプラン
4G LTE
(新auピタット
プランN)
1Gバイトまでの料金
1回線:3278円
2回線:2728円
3回線以上:2178円
※2年契約利用時
1G~7Gバイト
まで段階別
ドコモと段階の区切りは
違うが、ほぼ同じ仕組み
の割引で、3回線なら
2178円から利用可能!
ソフトバンク
メリハリプラン
2Gバイトまでの料金
1回線:5478円
2回線:4928円
3回線:3828円
4回線:3278円
※2Gバイトを超えると
1650円プラスになる
50Gバイト
(「YouTube」
「LINE」など対象
動画・SNSは使い
放題)
2Gバイト未満の利用なら
光回線とセット割引適用で
3278円から利用可能!

※価格は記事作成時のものです。

◆解説/石野純也(ジャーナリスト)

This article is a sponsored article by
''.