この記事では、ワークマンの人気商品を実際に購入して使用した感想をレポートしていきます。今回は、究極の軽さを追求した「AERO STRETCH(エアロストレッチ)長袖シャツ」をレビュー。長袖シャツの選び方、同商品の基本情報、実際に着てみた個人的な感想や評価もまとめました。ぜひ参考にしてみてください。(ワークマン調査隊41)

評価者のプロフィール

画像: 評価者のプロフィール

2児の母として子育てに励むワーキングマザー。生活を快適にするグッズ、おしゃれな最新商品に常に目を光らせている。子どもの頃から釣りが好きで、アウトドア系の商品もリサーチ中。物欲を抑えるためにものすごいパワーを使っている。

長袖シャツの選び方

着まわしやすい定番ファッション

秋のファッションで私がよく着るのは、着まわしやすくてきちんと感の出る長袖シャツ。夏の終わりごろから取り入れ始め、肌寒くなってきたらアウターとのコーディネートを楽しむのが定番です。今年の秋はワンランク上のスタイルに挑戦するため、長袖シャツの最新トレンドについて調べてみることに。シーン別の着こなし方や素材の選び方についてもチェックしていくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

フォーマルにもアウトドアにも長袖シャツが大活躍!

ベーシックなファッションだからこそ、普通に着るだけではマンネリ化しがちな長袖シャツ。まずはオフィスやお出かけ着として着る際のポイントから見ていきましょう。

最もシンプルな白シャツの場合、ゆったりとした大きめサイズを選ぶと垢ぬけたシルエットに。シャツの前だけをパンツやスカートにインし、後ろはフィッシュテールのように出しておくとさらにおしゃれに見えます。色っぽく着こなすなら、襟を大胆に開けて袖をロールアップ。ネックレスやブレスレットとも相性がよく、華奢見えするスタイルです。

もっとラフに着たい時は、カーキやブラウンなどの秋色がおすすめ。暖かみのあるスウェード素材だと、よりトレンドを押さえたコーデに仕上がりますよ。色が重ためな分、手首や足首を出して抜け感を出すことも忘れずに。

よりカジュアルスタイルで着るなら、デニムシャツやミリタリー柄のようなメンズライクなアイテムがぴったり。細身のパンツと合わせ、あえてボーイッシュなスタイルで決めるのもいいですね。

私はアウトドアで着ることが多いため、丈夫な素材で通気性のいいワークマンの「AERO STRETCH(エアロストレッチ)長袖シャツ」をチョイス。アクティブなシーンをサポートする機能性の高い1枚です。

画像: フォーマルにもアウトドアにも長袖シャツが大活躍!

「AERO STRETCH(エアロストレッチ)長袖シャツ」を買ってみた

価格は?

ワークマンのオリジナルブランド「FieldCore」から販売されている同商品。ポリエステル生地とストレッチ性のあるメッシュを組み合わせ、動きやすさと軽さが追求されています。こだわりが詰まったシャツですが、お値段は1900円(税込)とお手頃。普段使いに気兼ねなく取り入れられますよ。

特徴は?

まるでジャケットのようにツヤのある手触りでありながら、着心地はかなり軽やか。背中と脇の部分にメッシュ生地が使われ、重ね着しても蒸れにくい仕様です。

画像: 身長160cm、体重46kgの女性が着用

身長160cm、体重46kgの女性が着用

画像1: 特徴は?

スナップ式のボタンや両サイドのポケットなど、細部のディティールもクールなデザイン。右のジッパーつきポケットを引き出すことで、コンパクトに折りたたんで収納することもできます。

画像2: 特徴は?
画像3: 特徴は?

Mサイズを着てみた

160cmの私にはMサイズがピッタリ

さっそく着てみたところ、思ったよりも細見えするシルエットに。後ろの裾部分は長めで、腰回りがスッキリまとまりました。ポケットは両胸と左袖の上部分の3カ所にあり、収納力抜群。スマホなどの貴重品も安心して入れておけます。

画像1: 160cmの私にはMサイズがピッタリ
画像2: 160cmの私にはMサイズがピッタリ
画像3: 160cmの私にはMサイズがピッタリ

【ワークマン調査隊】
購入レビューまとめ

メンズライクな着こなしで秋コーデを楽しもう

画像: 軽くて機能的な「AERO STRETCH(エアロストレッチ)長袖シャツ」

軽くて機能的な「AERO STRETCH(エアロストレッチ)長袖シャツ」

購入した人からは、「とにかく軽い! でもしっかりとした作りなので安心です」「パンツが映える絶妙な長さの丈がお気に入り」「動きやすくておしゃれなんて最高」と好評の声が。機能的な「AERO STRETCH(エアロストレッチ)長袖シャツ」で、秋のコーデを楽しみたいですね。

◆文・撮影=井上琴美(編集ライター)
※価格や情報は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.