この記事では、ユニクロの人気商品を実際に購入して使用した感想をレポートしていきます。今回は、柔らかな風合いとボリューム感がかわいい「ジャージーキュロットパンツ」をレビュー。キュロットパンツの選び方、同商品の基本情報、実際に履いてみた個人的な感想や評価もまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

評価者のプロフィール

画像: 評価者のプロフィール

2児の母として子育てに励むワーキングマザー。生活を快適にするグッズ、おしゃれな最新商品に常に目を光らせている。子どもの頃から釣りが好きで、アウトドア系の商品もリサーチ中。物欲を抑えるためにものすごいパワーを使っている。

キュロットパンツの着こなし方

女性らしいスタイルが叶うアイテム

働くママにとって理想のファッションは、動きやすさとおしゃれさを兼ね備えたもの。私は職場でも自宅でもパンツスタイルでいることが多いのですが、いつも同じシルエットばかりだとさすがに飽きてしまいます。そんな時に便利なのが、スカートのようなシルエットとパンツの動きやすさを兼ね備えたキュロットパンツ。今回はトレンドを押さえたキュロットパンツの着こなし方や、秋冬コーデにぴったりなカラーについてチェックしていきましょう!

大人のコーデにキュロットパンツを取り入れるポイント

キュロットパンツといえば、ショート丈で活発なイメージのあるアイテム。しかし最近ではロング丈の物も多く、大人の女性が着用するファッションとして広まっています。デザインのバリエーションも豊富にあり、特に人気なのがフレアスカート風のキュロットパンツ。オフィスカジュアルやデートコーデなど、幅広い場面で応用できるシルエットですよ。

よりフェミニンなコーデにしたい場合、プリーツ入りもおすすめ。縦のラインで脚が長く見える効果があるため、トップスをコンパクトにまとめてスタイル良く見せましょう。秋冬コーデに取り入れる際は、厚手のコットンやスウェード、コーデュロイなどの素材がベスト。カラーも落ち着いた色味を選べば、暖かみのあるコーデが完成します。

より寒い日にアウターを重ねるなら、トレンチコートのようにロング丈のスマートなアイテムがぴったり。アウターとスカートの色味を合わせるだけで、全体に統一感が生まれてセットアップのように見せることが可能です。

調べた結果を踏まえて、私も大人っぽく着こなせるキュロットパンツを探してみることに。見た目のデザインと生地の肌触りが気に入り、ユニクロの「ジャージーキュロットパンツ」を購入してきました。

画像: 大人のコーデにキュロットパンツを取り入れるポイント

「ジャージーキュロットパンツ」を買ってみた

価格は?

国際的トップモデル“イネス・ド・ラ・フレサンジュ”とのコラボレーションアイテムとして販売されている同商品。お値段は3990円(税抜)と少しお高めですが、その分上質な生地を使用し素材の風合いを生かした仕上がりになっています。

画像: www.uniqlo.com
www.uniqlo.com

特徴は?

ポリエステルとコットンを配合した優しい肌触りの生地と、ふんわり広がったボリューミーなシルエットがかわいい1枚。細くすっきりとしたウエスト部分や、ワンポイントのボタンもチャーミングですね。

画像1: 特徴は?
画像2: 特徴は?

67サイズを履いてみた

160cmの私には67サイズがピッタリ

サイズ展開は細かく分かれていて、私が選んだ67サイズは総丈80cmほど。さっそく履いてみたところ、足首がきれいに出るちょうどいい長さでした。ウエストゴムがないため少し不安だったのですが、きつすぎずゆるすぎないジャストサイズ。薄手のシャツやカットソーなら、トップスをインしたスタイルで着こなせます。

画像: 身長160cm、体重46kgの女性が着用

身長160cm、体重46kgの女性が着用

画像1: 160cmの私には67サイズがピッタリ

股上も深めで足さばきがよく、動きやすさはバッチリ。両サイドとヒップの右側には、実用性のあるポケットつきです。

画像2: 160cmの私には67サイズがピッタリ
画像3: 160cmの私には67サイズがピッタリ

【ユニクロ調査隊㉓】
購入レビューまとめ

スマートなキュロットパンツで秋色コーデに

画像: 暖かくてかわいい「ジャージーキュロットパンツ」

暖かくてかわいい「ジャージーキュロットパンツ」

購入した人からは、「ウエスト位置が高めだから後ろ姿も綺麗に見えます」「裾に向かって広がるラインがめっちゃかわいい」「ちゃんと暖かくて快適です」といった声が続出。これからの季節に、「ジャージーキュロットパンツ」を取り入れてみては?

画像: 【ユニクロ】後ろ姿まで可愛い!快適すぎて手放せない「ジャージーキュロットパンツ」をレビュー
ジャージーキュロットパンツ
▼柔らかな素材を使い、キュロットらしいボリューム感のあるシルエットに▼ソフトタッチな素材感ではき心地が良く、カジュアル感のある1本▼ステッチはできるだけ入れず、素材が持つ柔らかな風合いをいかした仕上がりに▼ポリエステル52%、綿48%

◆文・撮影=井上琴美(編集ライター)
※価格や情報は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.