「K MINI」(実売価格例:2万1780円)は日本の住宅事情に合わせ、ブランド史上最もコンパクトになったという高圧洗浄機だ。本体の小ささに加え、分割できるトリガーガン/ノズルや、柔らかいホース、巻きつけて収納できる電源コードなど、全体に工夫されている。

今回のテストアイテムはこちら
ケルヒャー 「K MINI」

実売価格例:2万1780円

●プロフィール
日本の住宅事情に合わせ、ブランド史上最もコンパクトになったという高圧洗浄機。本体の小ささに加え、分割できるトリガーガン/ノズルや、柔らかいホース、巻きつけて収納できる電源コードなど、全体に工夫されている。

ケルヒャー史上で最もコンパクトになったという高圧洗浄機。従来製品に比べてトリガーガンとノズルも短めで、高圧ホースも細く柔らかいため、狭い場所での取り回しにも優れている。

画像: 今回のテストアイテムはこちら ケルヒャー 「K MINI」

SPEC
●最大許容圧力/9MPa(メガパスカル)●吐出水量/最大330L/h●最高給水温度/最大40℃●モーター出力/1kW●電源/AC100V●サイズ/幅233㎜×高さ295㎜×奥行き280㎜●重量/3.9kg

ちょっとしたスペースにしまえるサイズ

水を噴射し、住宅の外壁や窓、自動車やアウトドア・スポーツ道具など、さまざまな物を洗える高圧洗浄機。興味はあっても、マンション住まいの筆者にとってはサイズが気になって、なかなか手が出せない家電の一つだ。本製品は、そんな日本市場を意識して開発された。

本体は、小さめのバケツに近いサイズ感で、よく考えられているのは、背面側に引っ掛けられるアクセサリー収納ケース。高圧洗浄機を使うには、本体のほかにホースやトリガーガン(噴射部)が必要だが、そういった付属品がまとめて収納できるのだ。

脱着できるアクセサリー収納ケース

ガン/ノズル部分は3分割でき、高圧ホースとともに収納ケースに入れて持ち運べる。実際の使い勝手をよく考えた仕上がりだ。

画像1: ちょっとしたスペースにしまえるサイズ

ホースやトリガーガンは従来製品とは異なり、小型化のための工夫がなされ、電源コードも本体下部に巻きつけてまとめられるため、付属品がじゃまになるという心配は不要。コンパクトなので手軽に持ち運べ、ちょっとしたスペースにしまうことができるだろう。

すべてを片手で持ち運べる

本体は約3.9キロで上部にハンドルを装備。ホースなどの付属品もコンパクトにまとめられるため、移動や収納の際にもストレスがない。

画像2: ちょっとしたスペースにしまえるサイズ

ベランダで使っても気にならない動作音

水源は、ホースリールなどを使って蛇口から取ることができるが、今回は、オプションの自吸用ホース(※)を使って風呂水を吸い上げ、ベランダの洗浄を中心に試してみた。

付属のトリガーガンは、先端を回すと水圧が調整可能。高圧にして噴射すると、ベランダの泥汚れはみるみる落ちて流されていく。洗剤も使わないのに、驚くほどきれいになった。狭いベランダで試してみると、トリガーガンの長さはけっこう気になるもので、短めに作られた本製品の特徴が生きている。

水圧を最強にすると相当な強さで、コイン洗車場を連想させるレベル。電源さえ取れれば、洗車にも十分使えるだろう。動作音は、ベランダで使っても気にならない程度。ただ、風呂掃除など室内で使う場合は、時間帯を選んだほうがいいかもしれない。

おすすめ度…A⁺

付属品をまとめてコンパクトに収納可。強力な水圧で泥汚れもみるみる落ちた

ココが〇

本体に加えて付属品もよく考えられ、コンパクトに収納でき、使用場所までの移動もストレスにならない。洗浄力も不足は感じない。

ココが✖️

特に不満点はないが、強いて挙げるなら、給水用のホース類は別売なので、自身の環境に合わせて用意する必要がある。忘れないようにしたい。

※文中の「オススメ度」は、「A+」から「C-」までの9段階評価になっています。

※価格は記事作成時のものです。
解説/大坪知樹(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.