今回はクロームOSや、このOSに最適化されたChromebook(クロームブック)についてご紹介します。スマホやタブレットなどデジタル端末の選択肢は増えていますが、依然としてPCを使用する頻度が高いという方も多いでしょう。ネット社会となった現代では、ビジネスでもプライベートでもPCは欠かせない存在となっています。そんなPC選びで大きなポイントとなるのがOSです。これまで、PCのOSはほぼWindowsとMacの二択でした。そんな中、第3のOSとして注目を集めているのがクロームOSです。

Chromebook(クロームブック)とは

近年注目を集めるようになったクロームブックですが、具体的にはどういったものなのかわからないという方も多いようです。また、興味はあるもののWindowsやMacとの違いがわからず、検討に入ることもできないという方もいらっしゃるでしょう。

そこで、まずはクロームブックとはどういったPCなのかをご紹介します。

クロームOSが搭載されたパソコン

クロームブックとは、その名の通りクロームOSに特化したPCにあたります。クロームOSとはGoogleが開発・リリースしているOSです。

画像: jp.ext.hp.com
jp.ext.hp.com

クロームというと、WindowsやMac、スマホなどでも使用できるウェブブラウザを思い浮かべる方が多いかもしれません。クロームOSとは、このウェブブラウザのクロームをベースとしていくつかの機能を追加したものとなっています。

このOSの最大の特徴は、余計な機能を排除して、とてもシンプルに仕上げられているという点です。クロームOSでGoogleの各種サービスを利用している方であれば、イメージしやすいかもしれませんが、ウェブブラウザ上であらゆる操作を完結できるようになっているのです。そのため、ネットへの接続は必須ですが、PCのスペックにあまり左右されることなく、あらゆる作業を快適に行うことができます。

学校現場でのシェアはWindowsを抜いている

アメリカでは以前から学生向けPCとして広く使われていましたが、近年は日本でも、学校現場でクロームブックが採用されるケースが増えています。文部科学省が公表した、令和3年7月時点での実態調査(*1)によると、公立小中学校で利用されている整備済み端末のOSごとの割合は、「Chrome OS」が最も多く40.1%、次いで「Windows」の30.4%、次いで「iOS」の29.0%となっており、クロームブックがWindows PCより多く使われていることがわかります。
(*1)文部科学省「GIGAスクール構想に関する各種調査の結果」(PDF)

この背景には、児童・生徒1人に1台のコンピューターと高速ネットワークを整備する「GIGAスクール構想」の後押しがあります。価格面のメリットなどから、一気に普及が進んだかたちです。

画像: クロームブックとは www.google.co.jp

クロームブックとは

www.google.co.jp

学生に求められる文書やスプレッドシートの作成などを簡単に行えるのみでなく、さまざまなウェブサービスなども利用できるため、学生向けPCとしてとても有力な選択肢のひとつとなっているのです。

クロームブックのメリット

続いて、WindowsやMacと比較した場合のクロームブックのメリットについてご紹介します。

安価で購入できる

クロームブックの最大のメリットは、比較的安価で購入できるという点です。前述の通り、クロームOSではほとんどの作業をウェブ上で行います。そのため、PC本体にかかる負荷は小さく、最低限のスペックでも快適に使用できるのです。

軽量・コンパクト

クロームブックは軽量でコンパクトなモデルが多いことも魅力。11〜12インチクラスの小型なモデルなら、PCを持ち運ぶ機会が多いという方にもぴったりです。

メンテナンスの手間が少ない

また、PC内で走るプログラムも最小限で、多くのデータはクラウド上に保存されるので、デスクトップアプリのように個別にソフトウェアのアップデートを行ったり、PC本体のウィルス対策を行ったりする必要がないという点もメリットです。ただし、Chrome OSそのもののアップデートは必要になります。

This article is a sponsored article by
''.