ここでは、ツイッターでリプライ(返信)を制限する方法を教える。また、インスタグラムは特定の人の投稿を非表示できる。自分で対処できない違法・有害情報は「インターネット・ホットラインセンター」「セーフライン」に通報、相談しよう。

セキュリティの最強極意15
「ツイッター」や「インスタ」での攻撃を防御!

悪意のあるリプライやコメントはこの方法でブロックせよ!

SNSの楽しみは、自分の投稿に「いいね」が付いたり、コメントのやり取りで交流が進むこと。しかし、一歩間違うと炎上やトラブルになるかもしれない。「ツイッター」の「リツイート」や「フェイスブック」の「シェア」といった機能を使うと、他者の投稿を簡単に拡散できる。いい話が広がるのはいいが、バッシング対象として広がると大変なことになる。

こうしたリスクを避けるためにも、まずは個人情報や投稿の公開範囲をなるべく狭くしておきたい。「公開」に設定していると、世界中の誰もが投稿を閲覧できるし、コメントを付けられる。そうした人の中には、悪意のあるコメントを書き込む人や、投稿内容とは関係のない広告やリンクを張り付ける者もいる。

ツイッターでリプライ(返信)を制限する

画像: 投稿する際に、返信できる人を「全員」「フォロワーのみ」「指定した人」から選べる。ただし、「いいね」やリツイートは誰でも可能。

投稿する際に、返信できる人を「全員」「フォロワーのみ」「指定した人」から選べる。ただし、「いいね」やリツイートは誰でも可能。

時には、リアルの知り合いなので友達に入れたものの、価値観が合わない投稿を繰り返す人もいる。そうした投稿は、できれば見たくない。

SNSには、こうした事態に対処する機能がある。まず、友達として維持したまま、その人の投稿が表示されないようにすることができる。不適切なコメントを繰り返す人は、コメントを付けられないようにすることも可能。さらに問題があれば友達から外す。

インスタグラムで特定の人の投稿を非表示に

画像: 見たくない人の投稿を開き、右上の「…」から「ミュート」を選ぶと、その人の投稿が表示されなくなる。ほかの機能は使えるのでバレにくい。

見たくない人の投稿を開き、右上の「…」から「ミュート」を選ぶと、その人の投稿が表示されなくなる。ほかの機能は使えるのでバレにくい。

最終的には、ブロック機能を使って自分の投稿を見ること自体できない、DM(ダイレクトメッセージ)なども送れない状態にすることが可能だ。これらの対処法には、相手が気づかないものもあれば、気づくものもある。

インスタグラムで特定の人をブロックする

画像: 相手のプロフィール画面で、右上の「…」から「ブロック」。お互いに投稿が見えなくなる。プライバシー設定で、コメントだけブロックすることも可能。

相手のプロフィール画面で、右上の「…」から「ブロック」。お互いに投稿が見えなくなる。プライバシー設定で、コメントだけブロックすることも可能。

いきなり強い対応をすると人間関係に亀裂が生じたり、逆上した相手がSNS上であなたの悪口を広める心配もあっったりする。冷静で柔軟な対応を意識しよう。「ここまでやられたらブロックする」など、自分なりのポリシーを決めておくといい。

悪質な投稿はホットラインに通報

自分で対処できない違法・有害情報は「インターネット・ホットラインセンター」「セーフライン」に通報、相談しよう。

画像: http://www.internethotline.jp/

http://www.internethotline.jp/

解説/下島朗(エントラータ)

This article is a sponsored article by
''.