ビーラボは、中国・XGIMI社製のモバイルDLPプロジェクター「MoGo Pro+」の国内販売を開始した。気軽に持ち運べるコンパクトボディながら、フルHD画質で最大100型の投映を行えるのが特徴。無線LANとAndroid TVを搭載しているので、ネット動画も手軽に投映できる。

XGIMI 
MoGo Pro+

●実売価格:7万5000円程度

ビーラボは、中国・XGIMI社製のモバイルDLPプロジェクター「MoGo Pro+」の国内販売を開始した。

画像1: XGIMI MoGo Pro+

気軽に持ち運べるコンパクトボディながら、フルHD画質で最大100型の投映を行えるのが特徴。

画像2: XGIMI MoGo Pro+

無線LANとAndroid TVを搭載しているので、ネット動画も手軽に投映できる。

画像3: XGIMI MoGo Pro+

また、マルチアングル対応の自動台形補正機能、Harman/Kardon製のステレオスピーカー、16Gバイトの内蔵ストレージなども装備している。

画像4: XGIMI MoGo Pro+

輝度は300ANSIルーメン。連続投映は最大約4時間。サイズは、幅105.5ミリ×奥行き94.5ミリ×高さ146ミリ。

●問い合わせ先:ビーラボ ⇒https://glimpse.jp/

※この記事は『特選街』2021年2月号に掲載されたものです。
※価格は記事作成当時のものです。

This article is a sponsored article by
''.