タニタは、デュアル周波数計測技術を採用した体組成計「インナースキャンデュアル」の新製品を発売した。いずれも、同社の体組成計測技術を集約した「TANITA 4C Technology」を搭載しており、体格による個人差の影響を抑えた正確な測定を実現している。

タニタ 
インナースキャンデュアル RD-803L ほか

●実売価格:803L=6万800円程度、915L=3万6400円程度、914L=3万300円程度、504=2万1700円程度

タニタは、デュアル周波数計測技術を採用した体組成計「インナースキャンデュアル」の新製品として、「RD-803L」「同915L」「同914L」「同504」を発売した。いずれも、同社の体組成計測技術を集約した「TANITA 4C Technology」を搭載しており、体格による個人差の影響を抑えた正確な測定を実現している。

最上位機種「803L」は、部位ごとの筋肉量・筋質点数・脂肪率も計測できる。

画像: RD-803L

RD-803L

また、「803L」「915L」「914L」は、スマホアプリでのデータ管理が可能だ。

画像: RD-915L

RD-915L

計測項目は、「803L」が26、「915L」が11、「914L」が8※、「504」が10。※アプリなら11項目の確認が可能。

画像: RD-504

RD-504

●問い合わせ先:タニタ ☎0570-099655

※この記事は『特選街』2021年2月号に掲載されたものです。
※価格は記事作成当時のものです。

This article is a sponsored article by
''.