この記事では、ワークマンの人気商品を実際に購入して使用した感想をレポートしていきます。今回は、ベストとパーカーの2wayで使える「EURO ULTIMATE(ユーロアルティメット)デュアルベスト」をレビュー。中綿入りアウターの選び方、同商品の基本情報、実際に着てみた個人的な感想や評価もまとめました。ぜひ参考にしてみてください。(ワークマン調査隊51)

評価者のプロフィール

画像: 評価者のプロフィール

休日はアウトドアにいそしむ一方で、平日の暇な時間は最新グッズのチェックに夢中。大学卒業後は編集プロダクションで勤務し、30歳を機に独立した。主にモノ系・レビュー系の記事を得意としているが、食レポのし過ぎで太ってきた気がする。

中綿入りアウターの選び方

ボリューム感のあるアウターをスマートに着たい!

今年はどんなに寒い日でも、大人っぽいコーディネートを心掛けている私。しかし徐々に寒さが厳しくなってきて、いつものコートでは薄すぎると感じるようになってきました。保温性の高いアウターといえば中綿入りのジャケットがありますが、暖かい代わりにもこもこと着ぶくれしやすいのが気になるところ。そこで今回は、中綿入りアウターを大人コーデに取り入れる際のポイントを徹底的に調べてみました。

着ぶくれしないコーデのコツ

丈夫な生地の間に綿を挟み込み、暖かい空気を逃しにくい構造になっている中綿入りアウター。羽毛ではなく綿を使用することで、通気性がアップして気温の変化に対応しやすくなります。

中綿入りのアウターにはジャケットタイプとベストタイプのものがあり、腕まで覆えるジャケットの方が暖かさは抜群。ただし肩幅や胴回りに厚みが出るため、中に着込みすぎて着ぶくれしないよう注意が必要です。中に着る服をスリムなインナーやタイトパンツにすれば、ボリュームが抑えられてすっきりとした着こなしに。またカラーも白や黄色といった膨張色を避けて、落ち着いた黒やグレーなどを選びましょう。

一方ベストタイプのアウターは、ジャケットよりもさらにコンパクトなシルエット。軽くて動きやすいというメリットもあり、アウトドアなどのアクティブな活動をする人に人気があります。体との間に隙間ができないようなサイズを選ぶことで、保温性もスリムさもアップ。ハイネックのように襟元が高くなっているものなら、マフラーなしでも快適に過ごせますよ。

私は今回、ワークマンで発見した2way仕様の「EURO ULTIMATE(ユーロアルティメット)デュアルベスト」を購入しました。

画像: 着ぶくれしないコーデのコツ

「EURO ULTIMATE(ユーロアルティメット)デュアルベスト」を買ってみた

価格は?

ツヤのあるポリエステル製の生地をメインとし、袖部分にはフリース素材が使用されている同商品。2way以外にも様々な機能が備わった機能的なアイテムですが、2900円(税込)という驚きの価格でゲットできます。

画像: workman.jp
workman.jp

特徴は?

そのまま着ればフリースとツヤ素材の切り替えがおしゃれなパーカーですが、袖をよく見ると肩から手首にかけて細身のファスナーが。ここを開けて脇の下部分に袖を収納することで、フードつきのベストに早変わりします。

画像: 身長170cm、体重67kgの男性が着用

身長170cm、体重67kgの男性が着用

画像1: 特徴は?

表側の生地には撥水加工も施されているため、突然の雨に見舞われても安心。体温を逃がさない蓄熱機能も備わっており、長時間暖かく過ごせるアウターです。

画像2: 特徴は?
画像3: 特徴は?

Mサイズを着てみた

170cmの私にはMサイズがピッタリ

まずは、袖のあるパーカー状態で試着。凸凹のパターンは縫い目のないシームレス加工が採用され、冷気の侵入をしっかり防いでくれます。

画像1: 170cmの私にはMサイズがピッタリ
画像2: 170cmの私にはMサイズがピッタリ

袖をしまってもゴワゴワすることがなく、軽やかな着心地。脇の部分が伸縮性のあるフリース素材になっていたので、動きやすさも抜群でした。

画像3: 170cmの私にはMサイズがピッタリ
画像4: 170cmの私にはMサイズがピッタリ

【ワークマン調査隊】
購入レビューまとめ

幅広いコーデに使える優秀なアウター

画像: パーカーでもベストでも暖かい「EURO ULTIMATE(ユーロアルティメット)デュアルベスト」

パーカーでもベストでも暖かい「EURO ULTIMATE(ユーロアルティメット)デュアルベスト」

購入した人からは、「厚手すぎないアウターで動きやすい」「気温に合わせて袖を出し入れできるから春まで着られそう!」「安っぽくない質感に大満足です」といった声が。今年の冬コーデには「EURO ULTIMATE(ユーロアルティメット)デュアルベスト」を取り入れて、自分なりの着こなし方を見つけたいですね。

画像: 【ワークマン】EURO ULTIMATE(ユーロアルティメット)デュアルベスト購入レビュー!寒暖差に対応できる2ウェイアウターが便利
EURO ULTIMATE(ユーロアルティメット)
デュアルベスト
▼“ベスト⇔パーカー”の2WAY仕様▼ロングシーズン対応モデル▼連続する凸凹のパターンが縫い目のない加工(シームレス)な溶着のため、冷気の侵入を防止するから、さらに暖かい▼口元にファスナーがあたる不快感を防ぐチンガード付きで、快適な着心地

◆文・撮影=植松英明(編集ライター)
※価格や情報は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.