【インターネットの表示が遅い】回線速度計測サイトで実際の速度を調べよう

ガジェット

インターネットの表示が遅いと感じたときは、ある程度パワーのあるパソコンで有線LANで回線速度を計測すれば、回線そのものの実力(実効速度)を知ることができる。「FAST.com(ファストドット コム)」などの回線速度計測サイトを使って調べてみよう。

インターネットの表示が遅いようだ

この場合、「FAST.com(ファストドット コム)」などの回線速度計測サイトを使って、実際のネットの速度を調べてみよう。速度計測サイトでの測定値は、パソコン自体の性能にも影響されるので、なるべくパワーのあるパソコンを使用するといいだろう。

●まずは有線LANで測定してみる

ある程度パワーのあるパソコンで有線LANで回線速度を計測すれば、回線そのものの実力(実効速度)を知ることができる。

有線LANで計測すれば、回線本来の実力に近い計測値が得られるはずだ。さらに無線LANでも計測する。このとき、有線と無線との差があまりに大きく、かつ無線LANの速度が実用に耐えないほど遅い(10Mbps以下など)場合は、無線LANの環境に問題があると考えられる。最新のWi-Fi 6対応Wi-Fiルーターの導入を検討し、パソコンに内蔵されるWi-Fiもアップグレードしたい。ただ、USB接続のWi-Fi 6子機はまだ存在しないので、Wi-Fi 5の子機を導入するといいだろう。

●次に、無線LAN接続での速度を測定

無線LANが有線より遅いのは、ある程度仕方ない。Wi-Fi 6ルーターとWi-Fi 5子機の導入で差を縮めることは可能だ。

■解説/福多利夫(フリーライター)

ガジェット
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース