通常の操作方法では、コピー&ペースト(いわゆるコピペ)は、テキストや画像といったオブジェクトを直近の一つしか保持しない。二つ前にコピーしたものを貼り付けたい場合は、Windows10の標準機能「クリップボード履歴」を使えば一気に楽になる。知っておくと便利な機能だ。

以前コピーしたものを貼り付けたい

通常の操作方法では、コピー&ペースト(いわゆるコピペ)は、テキストや画像といったオブジェクトを直近の一つしか保持しない。そのため、二つ前にコピーしたものを貼り付けたい場合は、もう一度コピーからやり直さなければならないわけだ。しかし、これはWindows10の標準機能「クリップボード履歴」を使えば一気に楽になる。

まずは「設定」→「システム」→「クリップボード」で「クリップボード履歴」の機能をオンにする。何度かコピー作業をしたあとで、直近より前にコピーしたものを貼り付けたくなったら、貼り付けたい場所にカーソルを合わせた状態で[Windows]キー+[V]キーを打鍵。すると、クリップボード履歴が表示される。上から順にコピーしたオブジェクトが並んでいるので、今貼り付けたいものをクリックしよう。

●「クリップボード履歴」をオンに

「設定」→「システム」→「クリップボード」で「クリップボード履歴」の機能をオンにする。[Windows]キー+[V]キーでもオンにできる。

画像1: ●「クリップボード履歴」をオンに

●使いたいものをクリック

[Windows]キー+[V]キーででクリップボード履歴が起動。使いたいものをクリックすれば、現在アクティブなウインドウや入力欄に貼りつけられる。

画像2: ●「クリップボード履歴」をオンに

■解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.