手軽に費用をかけずサロン並みのネイルを、貼るだけで簡単に楽しめるジェルネイルシール。なかでもohora(オホーラ)のジェルネイルシールは、デザインも仕上がりもシールとは思えないクオリティでSNSで大人気。しかし大絶賛の嵐の中、本当に不満やデメリットはないのか、実際に試して検証してみました。

ジェルネイルシールとは

ジェルネイルは、通常のマニキュアとは違います。
紫外線で硬化させることで、石のように硬くさせられるネイルの一種です。

画像: ジェルネイルとは、石のように硬くさせられるネイルの一種

ジェルネイルとは、石のように硬くさせられるネイルの一種

ぷっくらとした立体感と硬化させることで通常のマニキュアよりも落ちにくくなる、という特徴があります。そして、ジェルネイルシールとは、そんなジェルネイルを模したネイルシールのこと。

とはいえ、ジェルネイルシールに定義はありません。ジェルネイルシールを扱うショップの製品を見てみると、ぷっくりとした立体感があるもの、凝ったデザインのものなどを「ジェルネイルシール」として販売しているようです。多くの場合、両手セットで200円前後~の価格設定です。

SNSで人気
ohoraのジェルネイルシールの特徴

そんな中、韓国のネイルブランド「ohora」が発売したジェルネイルシールだけは、ちょっと違うようです。
ohoraのジェルネイルシールの特徴を見てみましょう。

本物のジェルを使用

200円前後で発売されているネイルシールは、あくまで「シール」です。
爪の形をしたペラペラのプラスチックシールを自爪に貼り、上から透明のジェルネイル、もしくはマニキュアトップコートを塗って貼り付けます。

ところがohoraのジェルネイルシールはシールではなく、本物の液体のジェルネイルを60%まで硬化したもの。
シールのジェルネイルとは違い、本物の質感・色味を放っています。

画像: シールではなく、本物の液体のジェルネイルを60%まで硬化したもの。

シールではなく、本物の液体のジェルネイルを60%まで硬化したもの。

ぷっくり厚みがある

本物のジェルネイルを使用しているohoraのジェルネイルシールは、ジェルネイルらしいぷっくりとした厚みが再現されています。

画像: ぷっくりとした厚みが再現。

ぷっくりとした厚みが再現。

厚みがあることで本物の自爪に色がついたような自然な仕上がりになり、また、女性らしい優しさも表現できます。

おしゃれなデザインが多い

ohoraのジェルネイルシールは、おしゃれで高級感のあるデザインが豊富。
ポップなデザインも質感をマットにしたりアクセントカラーを入れてカジュアルダウンさせたりと、大人っぽい落ち着いた印象が強いです。

他のジェルネイルシールより高い

これまで、私がohoraのジェルネイルシールを試そうとは思っていたものの躊躇していた理由は「価格」です。

ohoraのジェルネイルシールはどれも1,500円以上+送料、合計すると2,000円を超えてしまいます。200円のジェルネイルシールに慣れている人間からすると、10倍の価格……。
しかしネイルサロンでジェルネイルをやってもらえば1万円前後してしまうことを考えれば、経済的なのでしょう。

実践!
ohoraのジェルネイルシールにチャレンジしてみた

値段に躊躇しながらも、やっぱり気になるohoraのジェルネイルシール。
意を決して、ぽちっと購入をしてみることにしました。
ネットでは大絶賛されているohoraのジェルネイルシールの実態について、ご紹介します。

ohoraのジェルネイルシールは到着まで10日かかる

楽天市場でohoraのジェルネイルシールを買って到着までわくわく待つこと3日。

そろそろかな?
そろそろかな?

と郵便ポストを覗く日々を繰り返し、1週間が経過しました。
結局到着したのは、購入から10日後。

海外輸入をしているのでしょうか、思ったよりも時間がかかるようです。
デート用・パーティ用などイベント用に試そうと思っている方は、早めに注文をした方がベターです。

到着!

10日後、ポストには待ち続けた茶封筒の姿が!
さっそく開封をして、中身を取り出してみました。

説明書とケースに入れられたネイルシール本体が入っています。

画像: ついに到着!

ついに到着!

入っているネイルシールは4色×8枚(一部7枚と8枚)=計32枚です。数字だけ見ればでは両手に貼って3回分ですが、ネイルにはサイズがあるため実際は2回分が限界のようです。

画像: サイズがあるため2回分が限度

サイズがあるため2回分が限度

①まずは爪の消毒

説明書を読んでさっそくohoraのジェルネイルシールにチャレンジ!
ジェルネイルシールに限らず、ネイルを始める前は爪の汚れをとって、甘皮をきれいにします。

爪の汚れは、付属のアルコールコットンで落とせばOK!

甘皮部分は、私の場合は入っていたウッドスティックでぐっと押して、浮いてきた部分を眉毛切り用の小さなはさみで切りました。

刃物を使うのが不安な方は、ぬるま湯に指を付けて柔らかくなった甘皮を、ぐっと指の付け根に寄せておくだけでもOKです。
とにかく爪の表面に隠れた部分がないようにしておきましょう。

This article is a sponsored article by
''.