キヤノン「PowerShot PICK(パワーショット ピック)」は、テーブルの上などに置いて使えば、AIを使った画像認識システムで、自動的に人間を見つけ、笑顔になった瞬間などのシャッターチャンスを逃さず撮影してくれる。また「ハロー、ピック!、写真撮って!」でもOK!

家族全員の"ベストショット"が自動的に撮れる360度カメラ

コロナ禍で、飲食店での飲み会やパーティーを楽しむことは難しくなったが、それゆえに自宅で家族だけで行うパーティーはこれまで以上に重要なイベントになった。例えば、子供の誕生日などは、この状況だからこそしっかりと記録に残しておきたいものだ。

しかし、楽しい家族イベントの撮影には、誰が撮影するのかという問題がある。多くの場合、撮影者は父親が引き受けることになり、写真に父親が写っていないということになるわけだ。

この問題を解決するアイテムが、キヤノンから登場した。「PowerShot PICK(パワーショット ピック)」は、パン/チルト機能と光学3倍ズームを搭載。テーブルの上などに置いて使えば、AIを使った画像認識システムで、自動的に人間を見つけ、笑顔になった瞬間などのシャッターチャンスを逃さず撮影する。

キヤノン
PowerShot PICK
価格例:4万900円(Makuake応援購入価格。充電器セット)

音声コマンドで家族全員が撮れる!

画像: テーブルに置いておくだけで、家族全員が写った写真を自動的にどんどん撮影してくれる。自然な表情が撮れるのも魅力だ。

テーブルに置いておくだけで、家族全員が写った写真を自動的にどんどん撮影してくれる。自然な表情が撮れるのも魅力だ。

電源を入れれば撮影が始まり、被写体の人数など、状況に応じて適切な構図を見極めて、自動的に撮影を続けてくれる。パーティーが終わったころには、参加者全員が写ったベストショットが数多く記録されているわけだ。また、写真を撮られていることを意識していない自然な表情の写真が撮れることも、大きなメリットといえる。

「ハロー、ピック!、写真撮って!」でOK!

画像: 本体には電源ボタンとWi-Fi通信ボタンがある程度。操作・設定の大半はスマホで行うほか、撮影開始・終了などの音声操作も可能。

本体には電源ボタンとWi-Fi通信ボタンがある程度。操作・設定の大半はスマホで行うほか、撮影開始・終了などの音声操作も可能。

さらに、静止画だけでなく、動画の撮影も可能。スマホを使って手動撮影ができるほか、自動撮影の細かい設定も行える。

画像: 直径60ミリ、高さ90ミリの円筒形で、プラスマイナス170度のパンと110度のチルトで全周囲の撮影が可能。コンパクトサイズかつバッテリー内蔵で気軽に持ち運べる。センサーは約1170万画素の1/2.3型CMOS、画像エンジンはDIGIC 7を搭載し、19~57ミリの光学3倍ズームレンズを内蔵する。

直径60ミリ、高さ90ミリの円筒形で、プラスマイナス170度のパンと110度のチルトで全周囲の撮影が可能。コンパクトサイズかつバッテリー内蔵で気軽に持ち運べる。センサーは約1170万画素の1/2.3型CMOS、画像エンジンはDIGIC 7を搭載し、19~57ミリの光学3倍ズームレンズを内蔵する。

本機は、クラウドファンディングサイトの「Makuake(マクアケ)」で応援購入として販売されていたが、販売開始1週間ほどで3000台が完売。ぜひ使ってみたくなる魅力的な製品なので、同じく「Makuake」で販売された「PowerShot ZOOM(パワーショット ズーム)」のように、早期の一般販売を期待したい。

※価格は記事作成時のものです。

TEXT●福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.