Wi-Fiルーターには、複数のモードが用意されることが多い。すべての機種にあるのが「ルーター」モードで、これは、子機と無線で接続するとともに、インターネットを配分するモードだ。ここでは、アクセスポイント、中継機、コンバーターなどのモード例も解説する。

ルーターには、いろいろなモードがあるようだが……

▶使い方に合わせて切り替えられる

Wi-Fiルーターには、複数のモードが用意されることが多い。すべての機種にあるのが「ルーター」モードで、これは、子機と無線で接続するとともに、インターネットを配分するモードだ。ただし、ホームゲートウェイなど同じ機能を持つ機器がすでにある場合は不要となるため、無線接続のみを行う「アクセスポイント」モードに切り替えられる。

そのほか、有線LAN(ラン)端子を備えた機器をWi-Fi子機として利用可能にする「コンバーター」モードや、別のWi-Fiルーターの電波を延伸する「中継機」モードを持つ機種もある。

Wi-Fiルーターのモード例

通常、「(ブロードバンド)ルーター」と「アクセスポイント」機能の二つが使えれば不都合はない。

画像: ▶使い方に合わせて切り替えられる

ルーター
デジタル信号を複数の製品に適切に振り分ける。ブロードバンドルーターともいう。

アクセスポイント
つながっている子機に対し、無線接続機能のみを提供するモード。ブリッジともいう。

中継機
親機となる別のWi-Fiルーターの電波を延伸する「中継機」代わりに使えるモード。

コンバーター
少し前に発売されたテレビなど有線LAN端子しかない製品を無線化するためのモード。

●解説/篠原義夫(ガジェットライター)

This article is a sponsored article by
''.