Wi-Fiルーターの脆弱性とは?古いルーターはセキュリティに注意

ガジェット

Wi-Fiルーターがあまり古い製品だとサポート外になるリスクがあるため注意が必要だ。一部メーカーの旧型機に、悪用されると大きな被害になる脆弱性が見つかった例を紹介する。その場合は、安全のためにすぐに買い替えたい。

Wi–Fiルーターの「脆弱性」って何?

▶古いルーターはセキュリティに注意

NECやエレコムの旧機種に、第三者からルーターの機能を利用される脆弱性が見つかっている。悪用されるとルーターの設定が変更されて、無断でネットが利用されたり、ウイルスに侵入されたりといった被害に遭うおそれがある。

通常なら、このような脆弱性・不具合はファームウェアの更新によって対策され、セキュリティが確保されるのだが、この場合は対象となるWi-Fiルーター製品が古い機種であるためサポート対象外となり、買い替えが促されている。古い機種を使い続けるのは、それなりにリスクがあるというわけだ。

あまり古い製品だとサポート外になるリスクがある

一部メーカーの旧型機に、悪用されると大きな被害になる脆弱性が見つかった。安全のためにすぐに買い替えたい。

●解説/福多利夫(フリーライター)

ガジェットセキュリティ
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース