【危険性をチェック】Chromeに保存したパスワードの強度を確認する方法

ガジェット

Googleには、パスワードに危険があるかどうかを確認できる「パスワードチェックアップ」という機能がある。ウェブブラウザー「Chrome(クローム)」に保存したすべてのパスワードを、流出が確認されているデータと照らし合わせ、漏洩がないかどうか、また、パスワードの使い回しや強度についてもチェックしてくれる。

自分が登録したパスワードの強度を「Chrome」で確認

ネットを利用するうえで、パスワードの管理は欠かせない。安全に利用するためにもパスワードの使い回しはNGだが、つい同じパスワードや、推測しやすいものにしがちなのも事実だ。Googleには、パスワードに危険があるかどうかを確認できる「パスワードチェックアップ」という機能がある。ウェブブラウザー「Chrome(クローム)」に保存したすべてのパスワードを、流出が確認されているデータと照らし合わせ、漏洩がないかどうか、また、パスワードの使い回しや強度についてもチェックしてくれる。

チェックに引っかかったパスワードは変更を促されるので、対象となるサービスのサイトにアクセスして変更を行うようにしよう。

■Googleアカウントの管理画面でチェック

(1)Googleにログインした状態で画面右上のプロフィールアイコンをクリック→「Googleアカウントを管理」→「セキュリティ」→「対応する」をクリック

(2)「保存したパスワード」→「パスワードチェックアップに移動」をクリックする。

■漏洩した可能性のあるパスワードを変更しよう

(1)一つのサイトでユーザー名とパスワードが流出すると、同じものを使っているサイトで危険があると通知される。

(2)各サイトでパスワードを変更していき、「結果を更新」をクリックして状況を確認しよう。

■解説/今西絢美 (ライター)山崎理香子(ライター)

ガジェットAndroidiPhoneアプリスマホパソコン
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース