【Chrome便利機能】開いているウェブページをスマホとパソコンで共有する方法

ガジェット

「Chrome」には、開いているウェブページを端末間で共有できる機能がある。スマホで見ていたページを帰宅後にパソコンで見たり、外出前にパソコンで見ていたページを移動中にスマホで見たりといったことができる。便利な機能なので使ってみよう。

「Chrome」のタブやブックマークをパソコンとスマホで共有

「Chrome」には、開いているウェブページを端末間で共有できる機能がある。スマホで見ていたページを帰宅後にパソコンで見たり、外出前にパソコンで見ていたページを移動中にスマホで見たりといったことができる。その際、両端末で同じGoogleアカウントでログインして、「同期」を有効にしておこう。

パソコンからスマホに送るには、タブもしくはアドレス欄を右クリックして「お使いのデバイスに送信」をクリックしたら、送信先のスマホを選ぶ。スマホからパソコンに送る際は、共有メニューで「お使いのデバイスに送信」をタップし、送信先のパソコンを選ぼう。

■パソコンとスマホでウェブページを共有

パソコンでは、タブもしくはURLを右クリックして、「お使いのデバイスに送信」→端末を選択すると、スマホで同じウェブページが開く。

スマホでは、URLの右にある共有アイコンをタップし、「お使いのデバイスに送信」→送信先のパソコンを選択する。iPhone 、Android両端末で使える。

■解説/今西絢美 (ライター)山崎理香子(ライター)

ガジェットAndroidiPhoneアプリスマホパソコン
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース