Googleマップのロケーション履歴機能の使い方 コロナ禍での行動履歴の確認にも便利

ガジェット

自分が立ち寄った「場所の履歴」を後でわかるように保存できるのがGoogleマップの「ロケーション履歴」機能。記録されたロケーション履歴は、プロフィールアイコンをタップして「タイムライン」を選択すると確認できて便利だ。

自分が立ち寄った「場所の履歴」を後でわかるように保存

Googleマップには、端末の位置情報を利用して訪れた場所を自動で記録できる「ロケーション履歴」機能が搭載されている。

記録されたデータは、プロフィールアイコン→「タイムライン」をタップすると確認可能。訪れた店や観光地、利用した公共交通機関といった情報が保存されるので、旅行や出張が多い場合はアルバムのような感覚で楽しめる。

■「タイムライン」で行動履歴を確認する

(1)記録されたロケーション履歴は、プロフィールアイコンをタップして「タイムライン」を選択すると確認できる。

(2)「都市」を選ぶと、自分が今までに行った都市がマップに表示される。「日」をタップすると、日ごとの移動経路を確認可能。

コロナ禍においては、万が一の事態に備えて行動履歴を記録するのに活用してもいいだろう。データはほかのユーザーに公開されることはない。

ロケーション履歴を保存するには、Googleアカウントにアクセスして「データとカスタマイズ」を開き、「ロケーション履歴」をオンにしよう。

■ロケーション履歴をオンにして記録開始

(1)ロケーション履歴をオンにするには、画面右上のプロフィールアイコンをタップ。「Google アカウントにアクセス」を選択する。

(2)「データとカスタマイズ」をタップし、「ロケーション履歴」をタップ。「ロケーション履歴」をオンにしたら設定完了。

■解説/今西絢美 (ライター)山崎理香子(ライター)

ガジェットAndroidiPhoneアプリ
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース