ビールの基本知識や美味しい飲み方についてご紹介します。長かった冬が終わり、少しずつ暖かくなってきている今日このごろ。燗酒を飲んでいた方も少しずつ、ビールが恋しくなってきているのではないでしょうか。そこで今回は、これから美味しくなるビールを飲むうえで知っておきたい情報や、美味しい飲み方をご紹介します。知識をつけてから飲むことで、今年のビールはいつもの数倍美味しくなることでしょう。

ビールの基本知識

まずはビールの基本知識を知っておきましょう。しっかりと知識を入れておくことで、なんとなく飲んでいたビールがより深みを増していきますよ。

ビール・発泡酒・第3ビールの違い

酒屋やスーパーに行くと、ビールっぽい飲み物が数多く売られています。価格もバラバラで、どれを選ぶか迷ってしまいますよね。売り場に並んでいるビールらしき飲み物は、ビール・発泡酒・第3ビールの3つに分類されます。これらを分類しているのは法律であり、麦芽の比率、副原料の内容と使用量によって分けられています。

このなかで、麦芽の比率が50%以上、副原料が麦芽の5%以下、限られた副原料でできているものをビールと呼びます。そして、麦芽の比率が49%以下、またはビールで使えない副原料を使っている、もしくは副原料を6%以上使っているものは発泡酒となるのです。

画像: ビール・発泡酒・第3ビールの3つに分類される(写真はイメージ/pixabay)

ビール・発泡酒・第3ビールの3つに分類される(写真はイメージ/pixabay)

また、第3のビールは麦や麦芽を使っていない「その他の醸造酒(発泡性)」と、麦芽比率50%未満の発泡酒+スピリッツでできている「リキュール類(発泡性)」に分けられます。

価格はほとんどの場合で、ビール>発泡酒>第3のビールの順になっています。ただ、味の好みは人それぞれなので、ビールよりも第3のビールが好きな人もいます。

ラガーとエール

続いてラガービールとエールビールについてです。おそらく皆さんの飲んでいるビールのうち、大半はラガービールと呼ばれる種類です。エールビールは主に、ご当地ビールとして提供されていることが多くなっています。

ラガービールの特徴としては、スッキリとしていてのどごしがいいことが挙げられます。冷蔵庫で冷やし、ごくごくと飲むのにピッタリです。一方エールビールは、独特な香りと深い味わいが特徴で、ワインや日本酒のようにじっくりと味わいたいビールです。

ラガービールとエールビールの大きな違いは酵母にあります。ラガー酵母はタンクの下部で、5℃程度の低温で発酵(下部発酵)します。対してエール酵母はタンクの上部において20℃程度で発酵します。そして、こういった酵母の違いがビールの味わいを左右しているのです。

生ビールとは?

居酒屋などに行って「生ビール」と書かれていると、つい頼みたくなりますよね。いつもと違うビールが飲めそうというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。実は、みなさんがいつも飲んでいる多くのビールも「生ビール」なのです。生以外のビールで、現在入手できるとすれば、キリンのクラシックラガーくらいでしょうか。

生ビールとビールの違いは、熱処理をしているかどうかです。先ほど解説したとおり、ビールを醸造する際には酵母を使います。しかし瓶詰めしてからも酵母が生きていると発酵が進みすぎで味が変化してしまうのです。

そこで製品化する前に、酵母の動きを止めなければなりません。現在、酵母の活動をストップさせる方法としてろ過を行うことが多いのですが、熱処理によって止めていた時代もあります。そして、熱処理したビールに対して熱処理をしていないビールのことを総称して生ビールというようになりました。

This article is a sponsored article by
''.