エケベリアの仲間はバラの花のようなロゼット型の姿が愛らしく、初心者でも育てやすい種類が多くあります。多肉ビギナーにもおすすめのタイプです。【解説】長田 研(カクタス長田)

著者のプロフィール

画像: 著者のプロフィール

長田 研(おさだ・けん)

1975年静岡県生まれ。多肉植物の生産・出荷・輸出入を行うナーセリー「カクタス長田」経営。アメリカ・バージニア大学で生物と化学を学び、交配種の作出や海外品種の日本導入などを積極的に行っており、新しい種にもくわしい。国内外の多肉植物の研究者や関係者との交流も深く、自身も日本の多肉植物業界を牽引するひとり。おもな著書に、『NHK趣味の園芸 12か月栽培ナビNEOコーデックス』、『NHK趣味の園芸 よくわかる栽培12か月 多肉植物』(ともにNHK出版)、『特徴がよくわかる おもしろい多肉植物350』(家の光協会)などがある。

本稿は『はじめてでもうまくいく! わかりやすい多肉植物の育て方』(永岡書店)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

エケベリアの仲間

ベンケイソウ科の多肉植物は、多肉が好きな人だけでなく園芸を楽しむ幅広い層に人気があります。なかでもエケベリアの仲間はバラの花のようなロゼット型の姿が愛らしく、初心者でも育てやすい種類が多くあります。多肉ビギナーにもおすすめのタイプです。

エケベリア属

科 名 ベンケイソウ科
原産地 メキシコ、北アメリカ南西部、南アメリカ北部など

肉厚の葉をロゼット状につけ、葉の間から長い花茎を伸ばして花を咲かせます。種類にもよりますが、2〜8月が開花期です。紅葉する種類も多く、カラフルで華やかな印象の多肉植物で、寄せ植えなどにもおすすめです。比較的丈夫ですが高温多湿に弱いので、夏は涼しく風通しよくし、冬は霜に当てないように管理します。生長が早いので、定期的に植え替えをして美しく保つようにしましょう。

野薔薇の精

春秋型
耐寒性:普通
耐暑性:普通
難易度: ★★☆☆☆

「サラゴサノバ」と「静夜」の交配種で、日本産のエケベリアのひとつ。花茎は短く、黄色の大きな花を咲かせる。6〜7cmのロゼットで群生。

画像: ▼ 野薔薇の精

シャビアナ ‘ピンクフリルズ’

春秋型
耐寒性:普通
耐暑性:弱い
難易度: ★★★☆☆

葉全体が赤紫からピンクのグラデーション、先端がフリルのように波打っているのが名の由来。夏の高温多湿は苦手。

画像: ▼ シャビアナ ‘ピンクフリルズ’

コロラータ ‘メキシカンジャイアント’

春秋型
耐寒性:普通
耐暑性:強い
難易度: ★★★★☆

白い粉の吹いた葉に淡く赤と緑が入る繊細な色合い。生育は遅いが、元来は大型種で、ロゼットの直径は最大50cmまで生長することもある。

画像: ▼ コロラータ ‘メキシカンジャイアント’

青い渚

春秋型
耐寒性:普通
耐暑性:普通
難易度: ★★★☆☆

白い毛が生えた小ぶりの青緑の葉が特徴。霜が降りたように見える姿は涼やかで愛らしい。紅葉すると葉裏が紫になる。夏は涼しく管理。

画像: ▼ 青い渚

‘ローラ’

春秋型
耐寒性:普通
耐暑性:弱い
難易度: ★★☆☆☆

白く粉の吹いた葉は淡い緑でクリーム色にも見える。鮮やかなオレンジ色の花を咲かせる。直径10㎝ほどの小型種で育てやすい性質。

画像: ▼ ‘ローラ’

大和錦

春秋型
耐寒性:普通
耐暑性:普通
難易度: ★★☆☆☆

肉厚の斑入り葉はざらつき感があり、先端がとがっている。葉先の赤い縁取りが美しい。真夏以外は直射日光の当たる場所で管理。

画像: ▼ 大和錦

七福神

春秋型
耐寒性:強い
耐暑性:普通
難易度: ★★★☆☆

均整のとれた葉の並びが美しく人気。冬は葉のツメと縁が紅葉する。真冬は室内で管理するが、それ以外は外で十分な日照を当てる。

画像: ▼ 七福神

春秋型
耐寒性:普通
耐暑性:普通
難易度: ★★☆☆☆

同属「アガボイデス」の石化種で、しずく型の葉が詰まったロゼットを形成する。石化の程度には個体差があり、大きさもそれぞれ。

画像: ▼ 鯱

高砂の翁

春秋型
耐寒性:普通
耐暑性:普通
難易度: ★★☆☆☆

大型のフリルに葉の縁は赤、葉身は黄緑とユニークな姿が特徴。海外では「ジャイアントブルー」としても知られる。花は濃いピンク色。

画像: ▼ 高砂の翁

‘ジョアンダニエル’

春秋型
耐寒性:普通
耐暑性:普通
難易度: ★★★☆☆

赤く縁取りされた葉先と、葉身の緑のコントラストが美しい。葉全体はうぶ毛に覆われ、先端が黄色の赤い花をつける。

画像: ▼ ‘ジョアンダニエル’

エケベリア属の栽培カレンダー

画像: エケベリア属の栽培カレンダー

静夜

春秋型
耐寒性:普通
耐暑性:普通
難易度: ★★★☆☆

丸い肉厚な葉がぎゅっと重なり合う姿が魅力。粉を吹く淡い緑の葉が特徴で、先端が紅葉する。脇芽を出して群生するタイプ。

画像: ▼ 静夜

桃太郎

春秋型
耐寒性:普通
耐暑性:普通
難易度: ★★☆☆☆

黄緑の葉に、葉先の赤い爪が鮮やかで個性的。株の直径は15cmほどまでになるが、生長は遅いタイプ。

画像: ▼ 桃太郎

‘デレンセアナ’

春秋型
耐寒性:普通
耐暑性:普通
難易度: ★★★☆☆

「ローラ」とよく似ているが、こちらは葉身の緑色が均一でややベージュがかっている。紅葉すると葉先の爪がピンクに染まる。

画像: ▼ ‘デレンセアナ’

花うらら

春秋型
耐寒性:普通
耐暑性:普通
難易度: ★★☆☆☆

葉身は青緑で肉厚、縁は赤く彩られているのが特徴。小型でロゼットの生長は直径10cm程度。黄色の花が垂れさがるように咲く。

画像: ▼ 花うらら

‘ドンド’

春秋型
耐寒性:強い
耐暑性:普通
難易度: ★★☆☆☆

白い微毛の生えた肉厚の葉がロゼットを形成する交配種。冬は葉先から爪にかけて赤く染まる。鮮やかなオレンジの花が咲く。

画像: ▼ ‘ドンド’

‘ロメオ’

春秋型
耐寒性:普通
耐暑性:普通
難易度: ★★★☆☆

赤い爪とピンクの葉身が特徴。冬は赤く、夏はやや緑に変化する。発色よくするためには、日当たりよく肥料は控えめにする。

画像: ▼ ‘ロメオ’

美尼月迫

春秋型
耐寒性:普通
耐暑性:普通
難易度: ★★☆☆☆

「ミニマ」と「ケッセルリンギアナ」の交配種。ライムグリーンの葉の縁に赤い斑が入る。小型種ながらもよく子株を吹いて群生する。

画像: ▼ 美尼月迫

ロゼットにたまった水は取り除く

ロゼット型の多肉植物は、水やりをした後、葉の間に水がたまります。自然に乾く環境であればそのままでもかまいませんが、長い時間ぬれていると蒸れて葉を傷めることがあります。たまっている水は取り除きましょう。

画像: しっかり根づいている株なら、片手で葉を押さえながら、株を逆さにして水を切っても問題ない。

しっかり根づいている株なら、片手で葉を押さえながら、株を逆さにして水を切っても問題ない。

画像: 小さな株や寄せ植えなどは、ティッシュペーパーの先を葉の間に差し入れると水を吸ってくれる。

小さな株や寄せ植えなどは、ティッシュペーパーの先を葉の間に差し入れると水を吸ってくれる。

‘パールフォンニュルンベルグ’

春秋型
耐寒性:普通
耐暑性:普通
難易度: ★★☆☆☆

紫色がきれいで丈夫な入門種。生長すると木立状になり、ロゼットも大きくなる。春~秋は虫に注意。

画像: ▼ ‘パールフォンニュルンベルグ’

‘ルノーディーン’

春秋型
耐寒性:普通
耐暑性:弱い
難易度: ★★★★☆

淡い黄色の葉に、根元から葉先に向かい緑の斑が入る。日焼けに弱く夏の直射日光と高温多湿が大敵。別名「コンプトンカルーセル」

画像: ▼ ‘ルノーディーン’

‘ハッピー’

春秋型
耐寒性:普通
耐暑性:普通
難易度: ★★☆☆☆

落ち着いた赤と深い青色の葉が、密なロゼットを形成する。小型だが、子株がよくつき育てやすい。

画像: ▼ ‘ハッピー’

‘レティジアゴールド’

春秋型
耐寒性:普通
耐暑性:普通
難易度: ★★★☆☆

「レティジア」のオーレア品種。透明感のある黄緑の葉は紅葉すると葉先が赤みを帯びる。日光と通風を好むが直射日光は苦手。

画像: ▼ ‘レティジアゴールド’

‘ヴァンケッペル’

春秋型
耐寒性:普通
耐暑性:普通
難易度: ★★☆☆☆

丸みのある非常に肉厚の葉がギュッと詰まりロゼットを形成。アガボイデス系の交配種。「アイボリー」や「ケペル」の名で流通することも。

画像: ▼ ‘ヴァンケッペル’

エケベリアの株分け

エケベリアなどのベンケイソウ科のものは、生長が早く群生する種類も多いので、鉢がきゅうくつになってきたら株分けをします。1年に1回が目安です。大株にしたい場合は、株分けせず植え替えます。

画像1: エケベリアの株分け

鉢から株を抜いて古い土を落とし、枯れた下葉などを取り除く。

画像2: エケベリアの株分け

ハサミで子株を切り分け、明るい日陰に数日~1週間ほどおき、切り口を乾燥させる。

画像3: エケベリアの株分け

それぞれの株を新しい用土に植えつける。1週間経ってから水やりし、その後は通常管理に。

画像4: エケベリアの株分け

グラプトペタラム属

科 名 ベンケイソウ科
原産地 メキシコ

本生地ではエケベリア属の仲間に分類しましたが、セダム属とも近い種類です。厚みのある葉がロゼットを形成し、よく群生します。比較的丈夫ですが、高温多湿に弱いので夏越しの管理に注意しましょう。群生したものは春に株分けをして、蒸れないようにしておくことが大切です。挿し木や葉挿しなどでもよくふえ、初心者にも扱いやすいタイプです。春〜初夏が開花期です。

だるま姫秋麗

春秋型
耐寒性:普通
耐暑性:普通
難易度: ★☆☆☆☆

白い葉にうっすら赤、緑、黄色などに染まった様はオパールのよう。「姫秋麗」の葉をより肉厚にしたような姿。丈夫で育てやすい。

画像: ▼ だるま姫秋麗

ベルム

春秋型
耐寒性:普通
耐暑性:弱い
難易度: ★★★☆☆

緑がかった褐色の葉が特徴で、ロゼットの大きさのわりに花は直径4cmほどと大きめ。花色は薄桃~濃いピンク色。夏越しに注意。

画像: ▼ ベルム

フィリフェルム

春秋型
耐寒性:普通
耐暑性:弱い
難易度: ★★★★☆

銀緑色の葉の先が赤い一本の毛状に伸びているのが特徴。ロゼット直径は5〜15cmと比較的大型。半日陰を好むが日陰でも育つ。

画像: ▼ フィリフェルム

マクドゥガリー

春秋型
耐寒性:普通
耐暑性:普通
難易度: ★☆☆☆☆

紅葉はしないが、透明感のある青緑が人気の品種。ランナーを伸ばして子株を形成する。高温多湿に弱いため、夏は注意する。

画像: ▼ マクドゥガリー

アメジスティナム

春秋型
耐寒性:普通
耐暑性:普通
難易度: ★★☆☆☆

アメジストに似た美しい紫の葉が特徴。花が咲かない状態だとパキフィツムと間違えてしまうことも。生長は遅い。初心者向け。

画像: ▼ アメジスティナム

ルスビー

春秋型
耐寒性:普通
耐暑性:普通
難易度: ★★☆☆☆

銀に赤紫が入った葉が花のようなロゼットを形成する姿が人気。秋から冬にかけては紫の色が一層深まる。

画像: ▼ ルスビー

スパーバム

春秋型
耐寒性:普通
耐暑性:普通
難易度: ★★☆☆☆

白く粉の吹いた淡い紫色の葉が特徴。根元から複数の茎が上へ伸びる株立ちタイプの種類。寒さに強いが霜には弱い。

画像: ▼ スパーバム

グラプトペタラム属の栽培カレンダー

画像: グラプトペタラム属の栽培カレンダー

なお、本稿は『はじめてでもうまくいく! わかりやすい多肉植物の育て方』(永岡書店)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。詳しくは下記のリンクからご覧ください。

画像: 【多肉植物図鑑】初心者におすすめの種類は「エケベリアの仲間」バラの花のような愛らしい姿
はじめてでもうまくいく! わかりやすい多肉植物の育て方
¥1,650
2021-04-01 9:46

※②「「多肉植物の育て方」」の記事もご覧ください。

This article is a sponsored article by
''.