この記事では、日々の暮らしに役立つ100均グッズを実際に使用してレポートします。今回は、セリアの「スタンドチューブしぼり」をレビュー。SNS上でも「一度使ったら手放せなくなりそう…」「さっそく洗面所のスタメン入り決定!」と話題になっているアイテムです。同商品の基本情報や、実際に使ってみた際の個人的な感想や評価もまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

評価者のプロフィール

画像: 評価者のプロフィール

ちょいズボラなおひとりさま女子。一人暮らし歴は10年を超え、プチプラ便利グッズの追及に磨きがかかってきた。恋人ができると必ず「100均デート」に連れていき、自分と価値観が合うかどうかを判定する。

歯磨き粉の“最後の1回分”をきれいに絞り出す!

毎日の歯磨きに欠かせない“歯磨き粉”。できれば最後の最後まできれいに使い切りたいものの、残量の少ない歯磨き粉を絞り出すのはなかなか難しいですよね。たとえばチューブを薄く折りたたんでみたり、逆さまにして勢いよく振ってみたり…。私も様々な方法で“最後の1回分”を出し切ろうと試みましたが、あまり良い方法は見当たりません。

同じような悩みを抱えている人は少なくないようで、SNS上には「歯磨き粉をちゃんと使い切れたことないかも」「本当はあと数回分の歯磨き粉が残っているのに、全然出てこないからいつも諦めてしまう」といった声が上がっていました。

そこで何か良い商品はないか探していたところ、セリアで「スタンドチューブしぼり」を発見。取っ手をひねるだけでチューブの中身を絞り出してくれるアイテムで、“最後の1回分”まできれいに使い切れるそう。いったいどのような仕組みで歯磨き粉を絞り出すのか、詳しくチェックしていきましょう!

画像: 洗面所に置いても邪魔にならないサイズ感

洗面所に置いても邪魔にならないサイズ感

取っ手を回すだけで歯磨き粉が出てくる!?

取っ手がついたブルーの棒と、台形型の白い本体に分解できる同商品。ブルーの棒には“溝”があり、この部分にチューブの端を差し込んで使用します。チューブのサイズや形状、材質によってはハマらないこともありますが、私が使っている一般的な歯磨き粉は容易に取りつけられました。

画像: 普段使っている歯磨き粉で使い心地をチェック

普段使っている歯磨き粉で使い心地をチェック

棒の溝にチューブを差し込んだら、あとは棒を本体にセットするだけ。取っ手を回すと歯磨き粉の“空っぽ部分”が棒に巻きつき、簡単にチューブを絞ることが可能です。実際にチューブをセットしてから取っ手を回してみたところ、軽い力で歯磨き粉を絞り出すことができました。

そもそも歯磨き粉といえば、キャップ部分を下にして置くデザインが一般的。しかしチューブの出口が下向きになってしまうため、歯磨き粉が勝手に出てきてキャップが汚れてしまいませんか? 同商品を使えば、写真の通りチューブの出口が上向きに。そのためキャップが歯磨き粉で汚れる心配がなく、チューブの清潔さを保つことができますよ。

画像: チューブの“空っぽ部分”が棒に巻きつく仕組み

チューブの“空っぽ部分”が棒に巻きつく仕組み

チューブの出口が上向きになっているおかげで、歯ブラシに歯磨き粉をつける動きもラクラク。いちいち歯磨き粉を持ち上げる手間が省けるので、片手でサッと歯磨き粉をつけられます。実際に「スタンドチューブしぼり」を使用した人からは、「本当に最後の最後まで歯磨き粉を使い切れた!」「歯磨き粉のキャップが汚れないのは嬉しい」など絶賛の声が相次いでいました。

画像: 歯磨き粉を歯ブラシにつけやすい

歯磨き粉を歯ブラシにつけやすい

画像: チューブ型アイテムの救世主「スタンドチューブしぼり」

チューブ型アイテムの救世主「スタンドチューブしぼり」

ちなみに同商品は歯磨き粉以外のチューブ型アイテムにも使えるそう。ネット上には「よく使うハンドクリームをセットしてデスクに置いてる」「チューブ型の調味料にも使えるよ」などの活用方法が上がっています。約58(幅)×130mm(長さ)までの様々なチューブを使いやすく変身させる同商品を、あなたもぜひチェックしてみては?

◆文・撮影=片山鈴(編集ライター)
※価格や情報は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.