ここでは、衣類スチーマーのメリットを解説する。衣類スチーマーはハンガーなどに衣類を掛けて、片方の手ですそなどを引っ張りながらスチームを噴射することで、アイロン台がなくても衣類のシワをサッと伸ばせるのが魅力だ。アイロン台を使ったアイロンがけとの違いを知っておくといい。

洗濯 疑問と悩み
衣類スチーマーって本当に素早くシワが伸びる? 普通のアイロンのほうが早くない?

一般的なスチームアイロンは、高温のかけ面とスチームを組み合わせることで、衣類のシワをしっかりと伸ばせるようになっています。これに対して、衣類スチーマーはスチームだけでシワを伸ばすものが中心で、かけ面の温度を調節できるモデルはほとんどありません。

衣類スチーマーはハンガーなどに衣類を掛けて、片方の手ですそなどを引っ張りながらスチームを噴射することで、アイロン台がなくても衣類のシワをサッと伸ばせるのが魅力です。

しかし、アイロン台を使ったアイロンがけのほうが、ピシッとした仕上がりになるのは確かです。ただし、衣類のシワを伸ばしつつ風合いを残したいといった目的には、アイロンより衣類スチーマーのほうが向いています。

そのほか、洗いにくいジャケットやコートなどもたっぷりのスチームで脱臭できることや、スチームでマスクや肌着などを除菌できること、花粉やダニ由来のアレル物質を抑制できることなどが衣類スチーマーのメリットとして挙げられます。

画像: 衣類スチーマーは服をハンガーなどに掛けて、引っ張りながらスチームを当てる。ジャケットなどの脱臭や除菌、アレルギー物質の抑制などにも効果を発揮する。

衣類スチーマーは服をハンガーなどに掛けて、引っ張りながらスチームを当てる。ジャケットなどの脱臭や除菌、アレルギー物質の抑制などにも効果を発揮する。

■解説/安蔵靖志(家電・ITジャーナリスト)

This article is a sponsored article by
''.