ここでは、空調家電の疑問と悩みについてわかりやすく解説する。除加湿空気清浄機は、湿度の高い夏場は除湿機として、湿度の低い冬場は加湿機として、さらに1年中使える空気清浄機として活躍するのが魅力。ただし、設置面積が大きくなることと、価格が高いことが大きな難点だといえる。

空調 疑問と悩み
加湿除湿空気清浄、全部アリの製品もあるけど、それぞれ別々に買ったほうがいい?

除加湿空気清浄機は、湿度の高い夏場は除湿機として、湿度の低い冬場は加湿機として、さらに1年中使える空気清浄機として活躍するのが魅力です。ただし、設置面積が大きくなることと、価格が高いことが大きな難点になります。

インフルエンザなどのウイルス対策には加湿機能が役立ちますが、夏場の湿気対策はエアコンでも十分な場合が多いです。

リビングでの除湿用途がある場合には便利ですが、別の部屋で除湿したい場合や、衣類乾燥に使いたい場合は、専用の衣類乾燥除湿機などを組み合わせるほうがおすすめです。

シャープ「CV-N180-W」

画像: 広範囲に届く送風とパワフルな除湿で大量の衣類を一気に乾かす衣類乾燥除湿機。部屋干しのいやなニオイをプラズマクラスターで抑制。

広範囲に届く送風とパワフルな除湿で大量の衣類を一気に乾かす衣類乾燥除湿機。部屋干しのいやなニオイをプラズマクラスターで抑制。

■解説/安蔵靖志(家電・ITジャーナリスト)

This article is a sponsored article by
''.