4.5Kの24.0型液晶ディスプレイを搭載したオールインワンMac。アップル独自の「M1チップ」をiMacに初めて採用。さらに実売15万4800円からと、コスパも抜群だ。ビジネスはもちろん、動画編集やフォトレタッチ、動画配信など、あらゆる用途をストレスなくこなせる。テレワークやGIGAスクール需要もあり、好調なパソコン市場において主役に躍り出そうだ。

M1チップを搭載し、7色のカラー展開も鮮やかな新iMacが登場!

待ちわびた人も多いだろうが、液晶一体型のiMacが待望のフルモデルチェンジ。アップル独自の「M1チップ」をiMacに初めて採用。デザインも大幅に刷­­­­新し、従来機をあらゆる面で上回る高い完成度を実現している。

アップル
iMac(24インチ)
実売価格例:15万4800円~

画像: 4.5Kの24.0型液晶ディスプレイを搭載したオールインワンMac。下位モデルでも8コアのM1チップに、メモリーは8Gバイト、ストレージは256GバイトSSDと十分なスペック。ボディはブルー、 グリーン、 ピンク、 シルバー、 イエロー、 オレンジ、 パープルの全7色(下位モデルは4色)展開。

4.5Kの24.0型液晶ディスプレイを搭載したオールインワンMac。下位モデルでも8コアのM1チップに、メモリーは8Gバイト、ストレージは256GバイトSSDと十分なスペック。ボディはブルー、 グリーン、 ピンク、 シルバー、 イエロー、 オレンジ、 パープルの全7色(下位モデルは4色)展開。

新しいiMacの外観を端的にいうと、研ぎ澄まされた「1枚の板」だ。厚さ11.5ミリのディスプレイ部に、内部基盤や端子類などを漏れなく集約させつつ、1本のスタンドで支えるたたずまいは、アップル製品らしい気品に満ちあふれている。

もちろん、スペック面も充­­実。例えば、全モデルで8コアのM1チップや8Gバイト以上のメモリーを搭載するほか、画面には4.5K解像度(4480ドット×2520ドット)の24.0型Retinaディスプレイを採用。さらに、二組みの「フォースキャンセリングウーファー」を含む6スピーカーを備え、重厚かつきめ細やかなサウンドを再生可能と、オーディオ品質も妥協なし。Mac史上、最高クラスの処理速度とAV性能を併せ持つことで、ビジネスはもちろん、動画編集やフォトレタッチ、動画配信など、あらゆる用途をストレスなくこなせる。

画像: 従来の21.5型iMacに比べ、CPU性能は最大85%向上。「Safari」のウェブ表示ならほぼ一瞬。高負荷な動画編集も軽快そのもの。

従来の21.5型iMacに比べ、CPU性能は最大85%向上。「Safari」のウェブ表示ならほぼ一瞬。高負荷な動画編集も軽快そのもの。

一方、細かな使い勝手にも配慮しており、上位モデルのワイヤレスキーボードには指紋認証機能「Touch ID」を用意。スタジオ品質の3マイクアレイも搭載し、通話やビデオ会議も快適にこなせる。さらに、ブラウン管型iMac以降、約20年ぶりにカラフルな多色展開を復活。全7色から好みの一台を選択できる点もうれしい。

画像: 本体と同色のキーボードとマウスが付属。下位モデル以外のキーボードはTouch ID搭載でロック解除や支払いも指紋でOKだ。

本体と同色のキーボードとマウスが付属。下位モデル以外のキーボードはTouch ID搭載でロック解除や支払いも指紋でOKだ。

これほどの完成度を備えながら、実売15万4800円からと、コスパも抜群。テレワークやGIGAスクール需要もあり、好調なパソコン市場において主役に躍り出そうだ。

※価格は記事作成当時のものです。

TEXT●篠原義夫(ガジェットライター)

This article is a sponsored article by
''.