小さい画面では高解像度だと細かすぎる表示になってしまう。そこで、100%の拡大率では操作がしにくい、文字が読みにくい機種の場合は、125%や150%にするのが「推奨」となっている。ここではわかりやすく解説していくので、覚えておくといい。

ハードウェア
ノートパソコンのディスプレイ画面が狭く感じる

フルHD以上の画面解像度があるパソコンで、パネルサイズが小さい11型や13型などの機種の場合、標準状態ではウインドウやアイコン、フォントなどが拡大表示される設定になっていて、実際の解像度より狭く感じることがあります。

その場合、「設定」→「システム」→「ディスプレイ」の「拡大縮小とレイアウト」と進み、「テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する」で「100%」を選択すれば、実際の解像度でデスクトップを使うことができます。

ただし、100%ではアイコンや文字がかなり小さくて表示されがち。そのために標準で拡大設定となっていて、そのパソコンに適した倍率が「(推奨)」とされているわけです。写真のレタッチや大きな表データなどを見るときは100%にして、ふだんは推奨値で使うといいでしょう。

小さい画面では高解像度だと細かすぎる表示に

下記の画像のように、100%の拡大率では操作がしにくい、文字が読みにくい機種の場合は、125%や150%(写真右下)にするのが「推奨」となっている。

画像: 写真左下:100%、写真下右下:150%

写真左下:100%、写真下右下:150%

アイ・オー・データ
LCD-AH241XDB
実売価格例:2万4800円

画像: ノートパソコンで解像度を1920ドット×1080ドットにすると表示が細かい。そんなときは、24型程度の画面の外付けディスプレイを使うといい。

ノートパソコンで解像度を1920ドット×1080ドットにすると表示が細かい。そんなときは、24型程度の画面の外付けディスプレイを使うといい。

※価格は記事作成当時のものです。

◆解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.