iPhoneでバッテリーの使用状況をチェックする方法は、「設定」→「バッテリー」で電池の使用状況を確認してみよう。省電力モードに切り替えて、電池を長もちさせることもできる。Androidは機種によるが、「設定」→「電池」などでアプリ別の使用状況がわかる。

スマホ操作編
スマホを買い替えたけど、バッテリーのもちがイマイチ

まずは、バッテリーの使用状況をチェック。iPhoneは「設定」→「バッテリー」で、アプリ別の使用状況を確認できます。ムダに電力を消費するアプリがわかれば、使わないときにこまめに終了させるように心がけましょう。

「設定」でアプリ別の使用状況を確認

iPhone

iPhoneは「設定」→「バッテリー」で電池の使用状況を確認可能。省電力モードに切り替えて、電池を長もちさせることもできる。

画像1: ● 「設定」でアプリ別の使用状況を確認

Androidは機種によりますが、「設定」→「電池」などでアプリ別の使用状況がわかります。電池を効率よく使う省電力モードが用意されている機種もあります。

Android

画像2: ● 「設定」でアプリ別の使用状況を確認

画面が点灯している時間を短くすることでも電池の無駄使いを省けます。それでももたない場合は、モバイルバッテリーを持ち歩くことをおすすめします。電源プラグ付きのタイプなら、電源コンセントがあれば、モバイルバッテリーの充電もできるので、出張や旅行の際にも便利です。

Anker
PowerCore Fusion 1000
実売価格例:4790円

画像: 1日電池がもたない場合は、大容量のモバイルバッテリーの購入を検討しよう。このモデルは折り畳み式プラグで、持ち歩きに便利。

1日電池がもたない場合は、大容量のモバイルバッテリーの購入を検討しよう。このモデルは折り畳み式プラグで、持ち歩きに便利。

※価格は記事作成当時のものです。

◆解説/村元正剛(ITライター)
◆イラスト/太中トシヤ

This article is a sponsored article by
''.