今回は、iPadで使用できるApplePencil(アップルペンシル)の代わりになる「スタイラスペン」についてご紹介します。先日、M1チップセットを搭載した最新のiPad Proが登場したことでまた話題になっているiPadシリーズ。そんなiPadを、より快適に、そして便利に活用するために欠かすことができないデバイスがApplePencilです。画面上に簡単に文字やイラストなどを描くことができるのみでなく、さまざまな操作が行えます。近年では、そんなApplePencilの代わりになるスタイラスペンも登場しています。

ApplePencilはやっぱり高い?それでも購入すべき?

iPadはタブレットの代名詞的な存在となっていますので、さまざまなアクセサリーが販売されています。

画像: 値段の割に購入すべきなのでしょうか(写真はイメージ/pexels)

値段の割に購入すべきなのでしょうか(写真はイメージ/pexels)

そんな中でも最初にApplePencilの購入を検討するという方も多いでしょう。

ApplePencilの価格は?

2021年6月現在、ApplePencilには、第1世代と第2世代の2種類があります。それぞれ対応モデルが異なっており、第1世代はiPad、iPad miniに対応、第2世代がiPad Pro、iPad Air(いずれも現行モデル)に対応しています。

気になる価格は第1世代が11,880円(税込)、第2世代が15,950円(税込)です。

ペンタイプのタブレットアクセサリーとしてはかなり割高に感じられるかもしれません。

ApplePencilの高い性能

前述の通り、価格だけに注目してしまうとApplePencilは高く感じられます。しかし、その価格に見合った高い性能を持つデバイスです。

単に、画面上に直接手書き入力ができるのみでなく、傾きと圧力の両方を感知するセンサーを搭載していますので、筆圧はもちろんのことペンの傾きによって色の濃さや線の太さなどの調整が可能です。まさに、紙にペンで書いているような感覚で使用できるのです。

デジタル系のペンデバイスでありがちなラグなどもほとんど体感できないレベルで、ストレスなく使用できます。

接続はBluetoothですが、ペアリングがとても簡単な点もポイントです。第1世代は軸に搭載されたLightning端子をiPadに接続するだけです。第2世代になると、側面にマグネットで取り付けるだけで自動でペアリングされます。まさに、箱から取り出したらすぐに使用できるのです。

このように、非常に高い性能を持つApplePencilではありますが、中には「ここまでの性能は必要ない」という方もいらっしゃるでしょう。筆圧の感知や傾きの検知などは不要で、とにかく簡単なメモができればいいといった方には、オーバースペックで、より高価に感じられるかもしれません。そこで、そんな方の間で注目を集めているのがサードパーティのスタイラスペンなのです。

サードパーティのスタイラスペンって使えるの?

iPadには、ApplePencilしか使えないというイメージを抱いている方も多いようです。しかし、実際には、iPadで使用できるスタイラスペンがさまざまなメーカーから販売されています。では、サードパーティ製のスタイラスペンはどの程度使えるのでしょうか。

画像: サードパーティー製のスタイラスペンは使えるのでしょうか(写真はイメージ/pexels)

サードパーティー製のスタイラスペンは使えるのでしょうか(写真はイメージ/pexels)

ここではおすすめのモデルをご紹介すると同時に、どのような用途で使えるのかをご紹介します。

ロジクール「Crayon iP10」

PCやタブレットなどの周辺機器メーカー大手として知られるロジクールのiPad専用スタイラスペンです。Apple純正品ではありませんが、2021年6月時点で唯一AppleStoreのWebサイトで購入可能なスタイラスペンとなっています。つまり、Appleとして公式に対応するiPadアクセサリーなのです。

画像: ロジクール「Crayon iP10」 www.amazon.co.jp

ロジクール「Crayon iP10」

www.amazon.co.jp

大手メーカー製ということもあって、作りもしっかりしていますし、追従性やラグの少なさ、精度などあらゆる面においてApplePencilと比較しても遜色ありません。筆圧検知機能はありませんが、簡単なメモを取るといった用途であれば十分な性能を発揮してくれます。対応モデルも多く、2018年以降に発売されたすべてのiPadに対応しており、ペアリング不要で電源を入れればすぐに使用可能となりますので複数のデバイスで使用したいという方にもおすすめです。

MEKO「タッチペン(第2世代)」

こちらは実売価格で2000円台と、格安で購入できるスタイラスペンです。デザインは第1世代のApplePencilとかなり似ていますので、iPadと組み合わせても違和感なく使用できるでしょう。こちらも、筆圧検知機能などは搭載されていませんので、本格的なイラストの作成などには適していませんが、メモなどには十分です。遅延なども特に感じられませんので、ちょっとメモを取りたいといった用途にはぴったりです。

画像: MEKO「タッチペン(第2世代)」 www.amazon.co.jp

MEKO「タッチペン(第2世代)」

www.amazon.co.jp

カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色。本家ApplePencilはホワイトのみなので違った色のペンを使用したいという方にもおすすめです。とてもコストパフォーマンスに優れていますので、サブ用のペンとしても使いやすいでしょう。

KINGONE「スタイラスペン」

第2世代ApplePencilにかなり近いデザインを採用したモデルです。本家と同様にマグネットによる吸着機能も備えていますので、iPad ProやiPad Airなどに取り付けることができます。

画像: KINGONE「スタイラスペン」 www.amazon.co.jp

KINGONE「スタイラスペン」

www.amazon.co.jp

1分間使用しないと自動でスリープモードに、そして30分で自動オフになる省エネ機能も搭載されていますので、うっかり電源を入れっぱなしにしてしまい、いざという時にバッテリー切れで使用できないといったトラブルを防止できます。

iPad用スタイラスペンを購入する際の注意点

これまでご紹介してきました通り、iPad向けのスタイラスペンにはさまざまなものがありますが、基本的に筆圧感知機能は搭載されていません。そのため、本格的なイラスト作成などには適していません。また、ペンを使用している時に手の他の部分が触れても反応しないパームリジェクション機能が搭載されていなかったり、アプリによっては適切に動作しなかったりするケースもあります。そのため、完全にApplePencilの代用になる、と言い切ることはできません。ただ、その分価格は安いので、このあたりを割り切ることができるという方におすすめです。

まとめ

画像: 気軽に使用したい方はスタイラスペンでも問題ないです(写真はイメージ/pexels)

気軽に使用したい方はスタイラスペンでも問題ないです(写真はイメージ/pexels)

iPadで使用できるApplePencilは非常に高性能なデバイスであり、iPadの性能をフル活用するためには欠かせないアイテムのひとつです。しかし、価格は決して安いとはいえないため、悩んでいるという方も多いでしょう。そこで、注目されているのがスタイラスペンです。性能面ではApplePencilより劣りますが、気軽に手書き機能を試してみたいという方は検討してみてはいかがでしょうか。

This article is a sponsored article by
''.