スマホに使われている、リチウム系充電池は、フル充電状態になると内部の圧力が高まる性質がある。内部圧力が高まった状態が長時間続くと、バッテリーの構造にストレスがかかり、バッテリーの寿命が縮む。加えてバッテリーが膨らんで機器本体を壊すおそれがあるため、100%まで充電をしない方がいい。

電池
スマホの充電は100%までしないほうがいいっていうけど、なぜ?

スマホに使われている、リチウム系充電池は、フル充電状態になると内部の圧力が高まる性質があります。内部圧力が高まった状態が長時間続くと、バッテリーの構造にストレスがかかり、バッテリーの寿命が縮むうえ、バッテリーが膨らんで機器本体を壊すおそれがあります。

これを防ぐために、スマホの多くの機種では、90%程度の充電で充電を終了する機能が備わっています。iPhoneの場合、設定のバッテリー項目で「バッテリー充電の最適化」をオンにすれば、実際のフル充電になる前に充電が完了します。ソニーXperia(エクスペリア)にも「いたわり充電機能」が搭載されています。

画像: 電池 スマホの充電は100%までしないほうがいいっていうけど、なぜ?

電池
スマホの超高速充電ができるアダプターやケーブルの選び方は?

8以降のiPhoneや、Galaxyの高級モデルなど、一部のスマホは超高速充電に対応しています。超高速充電を行うには、対応しているスマホのほかに、「PD規格」に対応した充電器と、PD充電器に使うUSB Type-Cのケーブルが必要になります。

PD規格の充電器は出力端子がUSB Type-Cになっており、接続されたスマホと情報交換を行い、そのスマホに指示された電圧で充電を行います。iPhoneの場合、情報交換後は9ボルトで充電されます。PD規格に対応していないスマホを接続した場合は、通常の充電器と同様に5ボルトで充電されるので、スマホが壊れることはありません。

Anker
PowerPort III Nano

最大20ワット出力の超高速充電が可能

画像: 超高速充電にはPD規格に対応した充電器とUSB Type-Cのケーブル(iPhoneはTypeC-Lightning)が必要。

超高速充電にはPD規格に対応した充電器とUSB Type-Cのケーブル(iPhoneはTypeC-Lightning)が必要。

電池
パナソニックの充電式乾電池、エネループとエボルタの中身は同じもの?

「エネループ」と「充電式エボルタ」は、両方ともパナソニックが販売する「ニッケル水素電池」ですが、開発したメーカーも製造している工場も異なる別の商品です。

エネループは、「三洋電機」(現在はパナソニックに吸収)が開発・販売していた商品です。パナソニックは、三洋電機を吸収する前から充電式エボルタを販売しており、現在は両ブランドを展開しています。

両者の違いをスペック表で見ると、エネループのほうが充電回数が多く、充電式エボルタのほうが容量が大きくなっています。その差はごくわずかなので、実用上の差はないといっていいでしょう。 しかし、違う電池なので、混在させて使うのは電池寿命を縮めることになるため、避けるべきです。

エネループと充電式エボルタのスペックは、パナソニックのサイトで比較表を見ることができる。

画像: https://panasonic.jp/battery/comparison.html

https://panasonic.jp/battery/comparison.html

◆解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.