日本時間10月19日未明に行われたAppleの発表会では、新しいプロセッサーを搭載し、性能が大きく向上したノートパソコンの上位機種、「MacBook Pro(マックブック・プロ)」が発表されました。「パワー全開。」と銘打ったこのスペシャルイベントでは、昨年発表した自社製プロセッサの「M1」よりさらに高性能の「M1 Pro」「M1 Max」というチップを搭載し、処理能力やバッテリーの持ちを改善させた「MacBook Pro」(14型・16型)に大きな注目が集まっています。さらに、同イベントでは、ワイヤレスイヤホンの「AirPods(エアポッズ)」と、スマートスピーカーの「HomePod mini(ホームポッド・ミニ)」の新製品も登場。今回発表された製品の特徴や、従来モデルとの違い、どのような人に適しているのかをまとめて解説します。

新型「MacBook Pro」発売

Appleは昨年から、PC製品に搭載するプロセッサーについて、広く使われているIntel製から独自の「Appleシリコン」への切り替えを進めています。

新しいチップ「M1 Pro」「M1 Max」とは?

その最初のモデルとして昨年登場した「M1」チップを搭載した製品は、性能の高さが大きな話題になりました。今年は、さらに強化された2つのチップ「M1 Pro」「M1 Max」と、それらを搭載した新しいMacBook Proが登場しました。

画像: 新しい2つのチップが登場。 www.apple.com

新しい2つのチップが登場。

www.apple.com

新しいチップは、処理能力が大幅に向上している点が特徴で、昨年のM1と比較した場合で、パソコンの頭脳にあたるCPUは最大70%高速化。また、グラフィック処理に使われるGPUは、M1 ProがM1の2倍、M1 Maxが4倍高速になっています。

高度な処理を少ない消費電力で行えることも特徴です。発表会ではWindows PCとのCPU性能を比較したグラフが公開されましたが、それによると、最新の高性能なWindows PCと同等レベルの処理を最大70%少ない電力で行えるとのことです。

画像: 少ない消費電力で高度な処理ができる。 www.apple.com

少ない消費電力で高度な処理ができる。

www.apple.com

そして、これらのチップを搭載した製品として、新しいMacBook Proが発表されました。

新型MacBook Proは14/16インチの2モデル

今回登場したMacBook Proは、14インチと16インチの2サイズ。どちらもiPad Proなどに採用されているものと同じ「ミニLEDバックライト」を採用したディスプレイが使われており、映像の明暗が美しく表現されます。

画像: 新しいMacBook Proは14インチと16インチ。 www.apple.com

新しいMacBook Proは14インチと16インチ。

www.apple.com

Web会議などでは欠かせないカメラの解像度も、従来の720pから1080pに向上。6つのスピーカーが搭載され、音楽も高音質で楽しめます。バッテリー持続時間も、14インチモデルは最大17時間、16インチモデルは最大21時間と、従来モデルに比べて大きく伸びています。

先述のとおり、新しいチップによって処理能力が大きく向上していることが最大の強み。写真や映像の編集、音楽制作といったPCへの負荷が大きい高度な作業を、快適に行えるようになります。

画像: ディスプレイの美しさも魅力。 www.apple.com

ディスプレイの美しさも魅力。

www.apple.com

価格は23万9800円から

価格は、14インチのM1 Pro搭載モデルで23万9800円から。14インチにM1 MAXを選ぶことも可能で、その場合は34万3800円となります。

また、16インチはM1 Pro搭載したモデルは29万9800円から。M1 MAX搭載のモデルは41万9800円からとなっています。過去モデルの価格と比べると高額な印象を受けるかもしれませんが、性能の高さを考えると、使いこなすことができれば決して高価ではないはずです。

画像: SDXCカードリーダー、HDMI、ヘッドフォンジャック、3つのThunderbolt 4ポート、MagSafe 3ポートに対応。 www.apple.com

SDXCカードリーダー、HDMI、ヘッドフォンジャック、3つのThunderbolt 4ポート、MagSafe 3ポートに対応。

www.apple.com

ただし、ウェブ閲覧やメール、文書作成といった負荷のあまり大きくない作業がメインの場合には、持て余してしまう可能性が高そうです。「高度な作業はしないけれど、そろそろPCを買い換えたい」という方は、昨年発売されたM1チップ搭載の「MacBook Air(マックブック・エア)」などを検討するほうがよいかもしれません。

新型「AirPods」(第3世代)発売

完全ワイヤレスイヤホンの「AirPods」は、第3世代にあたる新モデルが登場。音を立体的に楽しむことができる「空間オーディオ」に対応した点が、最も大きな進化ポイントといえるでしょう。

AirPodsは空間オーディオに対応

操作を行う軸部分が従来より短くなり、上位モデルのAirPods Proと同様に感圧センサーを搭載。耐汗・耐水性能も備えています。バッテリー駆動時間も従来より長くなり、最大6時間の再生が可能になりました。

画像: 軸の部分は従来品より短くなった。 www.apple.com

軸の部分は従来品より短くなった。

www.apple.com

また、耳への密着度に合わせて音の聞こえ方を自動調節する「アダプティブイコライゼーション」と呼ばれる機能も備えています。iPhoneの充電にも採用されているワイヤレス充電システム「MagSafe(マグセーフ)」にも対応しました。価格は2万3800円。すでに予約が可能で、10月26日に販売が開始されます。

画像: www.apple.com
www.apple.com

空間オーディオは、最近のAppleが力を入れている分野。昨年6月には、AppleMusicの空間オーディオ対応が開始されています。お気に入りの曲が空間オーディオで配信されているのに、対応イヤホンを持っていないために楽しむことができなかったという方は、購入を検討する価値があるのではないでしょうか。

新型「HomePod mini」が発売

Siriに対応した小型のスマートスピーカー「HomePod mini」も新モデルが発表。カラーバリエーションは従来の黒とグレーに加えて、イエロー、オレンジー、ブルーの3色が新たに追加されました。

HomePod mini は5色展開、価格は1万1880円

iPhoneで音楽などを再生しているときにiPhoneをHomePod miniに近づけると、途切れることなく再生を引き継げる機能が登場。

画像: カラフルになったHomePod mini。 www.apple.com

カラフルになったHomePod mini。

www.apple.com

また、音楽を再生していないときに、iPhoneをHomePod miniに近づけることで、iPhoneの画面上におすすめの音楽を表示する機能も搭載されました。価格は1万1880円で、11月から販売が開始されます。

テレワークなどで自宅で過ごす時間が長くなり、家の中で音楽やPodcastを聞く機会が増えたという方も多いかもしれません。コンパクトでデスクに置いてもじゃまにならず、カラーの選択肢も増えた新しいHomePod miniは、そんなテレワークのお供にもおすすめです。

Apple Musicの新プランも登場

AppleMusicには、従来のプランより手頃な月額480円の「Voiceプラン」が新たに登場しました。

月額480円の「Voiceプラン」

既存のプランの場合、iPhoneやMacのアプリから選曲や再生・停止などの操作を行えますが、VoiceプランはSiriからの音声操作だけに限られていることが特徴。その分、価格が安く抑えられています。

画像: VoiceプランはSiriからの音声操作だけに限定。 www.apple.com

VoiceプランはSiriからの音声操作だけに限定。

www.apple.com

登場は今秋後半で、日本でも利用可能になるとのこと。アプリの画面を見て曲やプレイリストを選びたい人には向いていませんが、BGMを流せればよいという人には魅力的なプランとなりそうです。

まとめ

今回のApple発表会では、Mac向けの新しいチップ「M1 Pro」「M1 Max」と、それを搭載した14インチ、16インチのMacBook Pro、AirPodsやHomePod miniの新モデルが登場。また、AppleMusicにも新しいプランが追加されることが発表されました。

HomePod miniを除く製品はすでに公式オンラインストアで予約が可能なので、気になる製品がある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

文◆酒井麻里子(ITライター)
スマホ、PC、ガジェットなどのデジタル製品レビューや、アプリ・サービスの解説記事などを執筆。Twitter(@sakaicat)では、デジタル関連の気になる話題や、ちょっと役立つ小ネタを発信。

This article is a sponsored article by
''.