BRUNO bikes(スイス)から、同社初となるe-bike「e-tool」が発売された。自転車でキャンプや家族で自転車旅、ちょっとした遠出など、さまざなニーズに応えてくれる。アシストユニット部には、安心のシマノ製最新モデルを採用しているなど、本格的なツーリングにも使える。

BRUNO
e-tool

●価格:24万9200円(初回生産分の価格)

キャンプ、バーベキュー、自転車旅など、さまざな用途に使えるe-bike

BRUNO bikesから、同社初となるe-bike「e-tool」が発売された。BRUNOならではの世界観、小さな旅の夢が拡がる自転車で、こんなことができたらいいなと夢が膨らむ"小さな旅" "運ぶ" を追求した新しい自転車だ。自転車でキャンプ、バーベキュー、家族で自転車旅、ちょっと遠くまで出かけてみたいなど、さまざまなニーズに応えてくれる、そんな一台になっている。

画像: (上段左から)BLACK・WHITE (下段左から)GREEN・SILVERは、初回限定色

(上段左から)BLACK・WHITE
(下段左から)GREEN・SILVERは、初回限定色

主な特長

いろいろなものを運びたい

最大積載量50キロ※まで対応する丈夫なリアキャリアを装備。大きな荷物を積んだり、チャイルドシートを取り付けたりすることもできる。
※(公道での走行の際は、30キロを超えないこと。 道路交通法に準ずる)

画像: 耐荷重50キロの丈夫なキャリアを装備している。

耐荷重50キロの丈夫なキャリアを装備している。

画像: カスタム例

カスタム例

子供と一緒に

チャイルドシートの装着も可能。最大左右5度の傾きでも倒れないスティール製正立スタンドを標準で装備でするなど、子供を守ることができる安心設計になっている。

画像: チャイルドシートやカゴを取り付けていない状態で18.9キロと、一般的な電動アシスト自転車と 比べてもだいぶ軽量になっている。ちなみに、写真の状態でおよそ23キロほど。

チャイルドシートやカゴを取り付けていない状態で18.9キロと、一般的な電動アシスト自転車と
比べてもだいぶ軽量になっている。ちなみに、写真の状態でおよそ23キロほど。

ロングライドも可能な、超大型バッテリーを搭載

エコモードで115キロ(学習機能あり航続距離は乗り方により伸ばすことができる)、パワーモードでも80キロとロングライドが可能な超大型バッテリーを搭載しているから、本格的なツーリングに行くことも可能だ。搭載するモーターユニットは、安心のシマノ製最新モデル「steps 5080H」で、軽量でコンパクトなモデルながら、坂道や発進時などでも軽々とした走行ができる。

画像: 主な特長

大切な自転車は、駐輪場に置きたくない

「e-tool」の全長170センチと、マンションのエレベーターにも持ち込めるサイズだから、部屋で保管することも可能。色は、BLACK、WHITE、GREEN、SILVERの4色(GREENとSILVERは、初回生産分の限定色)。

画像: エレベーターにも持ち込むことができる。

エレベーターにも持ち込むことができる。

●問い合わせ先:ダイアテック 075-702-7771

※価格は記事作成当時のものです。

This article is a sponsored article by
''.