ファッション通販サイトのZOZOTOWNが出しているパーソナルカラー診断ツール「ZOZOグラス」を試してみました。パーソナルカラーはおしゃれやメイクを楽しむ上で欠かせない要素です。自分の肌色がわからない人、似合うメイクや髪色が見つからない人は、「ZOZOグラス」でパーソナルカラーを診断してみましょう。

ZOZOグラスとは

一見ド派手なメガネだが…

ファッション通販サイトのZOZOTOWNが、「ZOZOグラス」なる不思議なメガネを配布していると知り、早速応募をしてみました。

そうして届いたのが、こちらの派手なメガネです。

画像: 一見コメディアンがつけていそうな見た目のメガネ

一見コメディアンがつけていそうな見た目のメガネ

コメディアンが付けていそうな見た目のメガネには、レンズも説明書も一切同封されていません。実はこのメガネ、普通のメガネではないんです。

パーソナルカラーがわかるすごいメガネ

ZOZOグラスは、専用アプリと組み合わせることで自宅でパーソナルカラー診断を行えるメガネです。

パーソナルカラーとは、自分の肌色のこと。ピンクよりだったり青みがかかっていたりなど、人によって肌の色には差があります。

そして肌の色には、「相性の良い色」というのがあるものです。肌色を知ることで、自分に似合う髪色やアイシャドウの色、ファンデーションや服の色など、メイクやファッション選びにおける悩みを減らせます。

パーソナルカラー診断ができる仕組み

肌の微妙な色の差異をこのおもちゃみたいなメガネで測れる理由は、メガネのフレームに配色されたさまざまな模様や色にあります。

画像: メガネのフレームに配色されたさまざまな模様や色に、その仕組みが隠されています

メガネのフレームに配色されたさまざまな模様や色に、その仕組みが隠されています

どうやらこのカラフルなフレームは、専用アプリに「顔色とフレームの色でどの程度の差があるか」を認識させる役割を持っているそう。そしてアプリで色の差を識別して、肌色を測定しています。

加えて環境光に左右されずニュートラルな状態の肌色を識別するのにも、このカラフルなメガネフレームが役立っているようです。

ただの派手なメガネかと思いきや、想像以上に優秀な派手メガネです……!

無料で入手できる

ZOZOグラスは、申し込みをすれば無料で手に入ります。

専用アプリも無料で入手ができるため、ZOZOグラスを使用して行うパーソナルカラー診断に費用はかかりません。

ただし、到着までに時間がかかります。公式サイトの申し込み画面で書かれている到着までの日数は「受付日から4〜6週間程度で発送予定」とのこと。筆者も申し込みをしてから6週間後に届いたため、申し込んだことすら忘れていました。

「今すぐにパーソナルカラーを知りたい」という人にはおすすめできませんが、「無料なら待つか」くらいの心持ちでいられる人は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ZOZOグラスを実際に試してみました!

パーソナルカラー診断の手順

6週間待って届いたZOZOグラスを、さっそく試してみることにしました!

画像: 遂に、6週間待った待望のZOZOグラスを着用してみることに!

遂に、6週間待った待望のZOZOグラスを着用してみることに!

私の肌色はどのタイプと診断されるのでしょうか?

まずはアプリをダウンロード

計測に必要なものは、メガネのほかに専用のアプリです。

ZOZOタウンのアプリをダウンロードしましょう。

アプリは、以下のボタンからダウンロード(インストール)できます。iOSの場合は「App Store」から、Androidの場合は「Google Play」から行ってください。

AppStoreからダウンロード Google Play で手に入れよう

アプリのダウンロード後、計測にはアカウント登録が求められます。指示通りに内容を埋めていきましょう。

すっぴんになって髪をまとめる

アカウント登録が済んだら、いよいよ計測開始です。

アプリに「すっぴんになって顔に髪がかからないように」と指示をされたため、言われたとおりにします。

画像のような顔に落ちる細かい髪も払った方が良いかもしれません。ワックスなどで留めておきましょう。

画像: 計測をするには、すっぴんかつ顔に髪がかからないようにする必要があります

計測をするには、すっぴんかつ顔に髪がかからないようにする必要があります

また、測るタイミングや時間帯に関しては特にアプリ内では指示がありませんでした。しかし調べてみると、「平常時の自分」であることが大切な様子。

ニュートラルな状態の肌色を知るためにも、風呂上がりや運動をしたあとなど、顔の火照りがあるタイミングは避けたほうが良さそうです。

撮影!

準備ができたら、いざ、撮影開始!

メガネをかけてカメラの方を向き、「上・右上・右・右下・下・左下・左・左上」の8方向を向いて計測をします。

画像: メガネあり・なしそれぞれの状態で8方向を向いて撮影をしていきます

メガネあり・なしそれぞれの状態で8方向を向いて撮影をしていきます

その後、メガネを外し再び8方向を向いての撮影です。メガネを外すことで環境光の状態を測っているのだとか。

メガネあり・なし両方を撮影することによって光の状態に左右されない、自分の本当の肌色を導き出します。

This article is a sponsored article by
''.