仮想通貨(暗号資産)はインターネットでやりとりできる財産的価値で、1万種類以上が存在するといわれています。利用者同士が取引する取引所と、業者が販売する販売所の2種類がありますが、いずれを利用するにしても、信頼できるサイトで売買することが重要です。

仮想通貨は値動きが激しいので注意する

仮想通貨(法的呼称は「暗号資産」)は、インターネットでやりとりできる財産的価値で、一部商品の代金支払いや円・ドルなど法定通貨との交換が可能です。

ビットコインが有名で、銀行などを介さず通貨をやり取りする仕組みとして注目されています。

仮想通貨のメリットはいくつかありますが、まず挙げられるのは海外送金の容易さです。法定通貨では送金手数料がかかるうえに、時間もかかります。

また、法定通貨との交換レートが決まっておらず、大きく相場が上下します。そのため、安く買った仮想通貨を値上がりしたときに売れば、大きな利益を得られるため、投資目的で購入する人が少なくありません。

ただし、購入時より大きく値下がりすることも多く、損失が大きくなりがちです。

仮想通貨の仕組み

画像: 仮想通貨の仕組み

P2P(ピアツーピア)ネットワーク
仮想通貨では、ブロックチェーンという技術を利用する。すべての取引履歴は暗号化され、ブロックに分割して格納される。仮想通貨の取引情報は、P2Pネットワークの参加者で共有される。

ブロックチェーン
取引履歴はブロックに格納される。各ブロックは直前のブロック情報を保持しているため、計算によってその事実がすぐに判明する。勝手な改ざん・消去は極めて困難だ。

主な仮想通貨

通貨名称略称特徴
ビットコインBTC最初に作られた仮想通貨。管理者や発行者のいないシステムによって作り出され(マイニング)、運用されている。法定通貨に換算したときの時価総額第1位
イーサリアムETH時価総額第2位で、分散型アプリケーションと呼ばれるプラットフォームで使われるために開発された。条件が合えば自動的に契約を実行するスマートコントラクトに対応。最近、人気が急上昇している
リップルXRP分散型ではなく、リップル社が発行している仮想通貨。少しずつ市場に提供され、その売却益で運営している。送金手数料が安く、送金にかかる時間が短いのがメリット

仮想通貨は1万種類以上が存在するといわれている。仮想通貨を売買できる場所は、利用者同士が取引する取引所と、業者が販売する販売所の2種類がある。いずれを利用するにしても、信頼できるサイトで売買することが重要だ。

※本書および本記事に記載された内容は、特に記載のない限り、2021年10月現在のものです。
※本書および本記事に記載された内容は情報提供を目的としています。生じた損害については、著者及び弊社は一切の責任を負いかねます。投資については個人の責任で判断してください。
※最新の情報や商品の詳細については、弊社ではお答えいたしかねます。

画像: この記事は『60歳からはじめる株&投資信託』(マキノ出版)に掲載されています。 www.amazon.co.jp

この記事は『60歳からはじめる株&投資信託』(マキノ出版)に掲載されています。

www.amazon.co.jp


This article is a sponsored article by
''.