株の取引でもっとも手っ取り早いのがスマホの利用です。SBI証券の場合は、「SBI証券 株アプリ」を使います。リアルタイムで株価、財務情報、チャートなどの確認ができ、発注もすばやく行えます。

[別記事:【ネット証券会社選び】どこと取引するべき?主要な7社の特徴やサービスを紹介!→

SBI証券で株を買う

専用ツールですばやく発注

SBI証券 株アプリ」で株を購入するには、まずは企業名や証券コード(銘柄固有の4桁の識別番号)で銘柄の検索を行います。

AppStoreからダウンロード Google Play で手に入れよう

検索候補から企業名を選択すると個別銘柄の画面が表示されますので、ここで値動きの変遷をチェックしましょう。

また、画面上のメニューからは、現在の気配値、業績や「会社四季報」の情報、関連ニュースなどの閲覧もできます。買い注文を出す場合は、「取引」画面へ切り替えて、注文種別や株数、買い価格などを指定して発注する、という流れとなります。

銘柄を検索して情報をチェック

企業名や証券コードで検索

「SBI証券 株アプリ」をApp Store(iPhone)またはPlayストア(Android)で検索してスマホにインストールし、ログイン。「銘柄検索」をタップする。

画像1: 専用ツールですばやく発注

検索画面に切り替える

検索ボックスに企業名や証券コードを入力すると、候補銘柄が表示されるので、見たいものをタップする。

画像2: 専用ツールですばやく発注

業績分析などをチェック

現在の株価や、値動きをグラフ化したチャートが表示されるので、直近の値動きの状況をチェックしよう。

画像3: 専用ツールですばやく発注

個別銘柄の画面が表示される

画面上部の情報項目をタップして、その会社の業績分析や財務情報などを表示できるので、銘柄選びの参考にしよう。

画像4: 専用ツールですばやく発注

発注画面から買い注文を出す

取引画面を表示する

画面右上にある「取引」ボタンをタップする。

画像5: 専用ツールですばやく発注

取引方法を選択する

取引メニューが表示されるので、買い注文なら「現物買」をタップ。

画像6: 専用ツールですばやく発注

注文内容を入力する

注文画面に切り替わるので、株数と注文方法、注文価格などを指定。画面最下部で取引パスワードを入力してから、「確認」をタップ。

画像7: 専用ツールですばやく発注

内容を確認して発注

注文内容の確認画面が表示されるので、「発注」をタップ。注文が通って、約定すれば購入完了となる。

画像8: 専用ツールですばやく発注

※本書および本記事に記載された内容は、特に記載のない限り、2021年10月現在のものです。
※本書および本記事に記載された内容は情報提供を目的としています。生じた損害については、著者及び弊社は一切の責任を負いかねます。投資については個人の責任で判断してください。
※最新の情報や商品の詳細については、弊社ではお答えいたしかねます。

画像: この記事は『60歳からはじめる株&投資信託』(マキノ出版)に掲載されています。 www.amazon.co.jp

この記事は『60歳からはじめる株&投資信託』(マキノ出版)に掲載されています。

www.amazon.co.jp

[別記事:【ネット証券会社選び】どこと取引するべき?主要な7社の特徴やサービスを紹介!→



This article is a sponsored article by
''.