【ブラウン】スタイリッシュなデザインの電気ケトル! 人間工学に基づいて設計されたハンドルで、安定して注ぐことができる

調理家電

デロンギ・ジャパンは、独・ブラウン ハウスホールドから 電気ケトルの新製品として「ブラウン ピュアイーズ 電気ケトル(WK304AJ-WK3000」の販売を開始した。本製品は、4年ぶりにリニューアルされたモデルで、1Lの容量とコンパクトな底面面積は従来モデルと同様で、水量計の目盛りをどんな角度からも見やすい位置に変更している。

ブラウン
ピュアイーズ 電気ケトル WK304AJ-WK3000

●実売価格:5400円程度

機能性を兼ね備えた、コンパクトサイズの電気ケトル

デロンギ・ジャパンは、コンパクトサイズの電気ケトル「ブラウン ピュアイーズ 電気ケトル WK304AJ-WK3000」の販売を開始した。

本製品は、2018年に発売をした「ブラウン ピュアイーズ 電気ケトル」を4年ぶりにリニューアルしたモデルで、1Lの容量とコンパクトな底面面積はそのままに、水量計の目盛りをどんな角度からでも見やすい位置に変更するなど、ブラッシュアップされて発売された。

水量計の目盛りは、水量(0.25L刻み)とカップ数の2種類から計れるようになっており、手持ち部分のハンドルは、人間工学に基づいた設計で、しっかり握れて持ちやすくできている。また、注ぎ口を傾斜のかかったデザインにすることで、満水時でも安定してお湯を注ぐことができるように設計されている。

0.25L及びカップ数で目盛られている

さらに、片手で簡単に注ぎ口を開閉することができるようにワンプッシュ式が採用されているほか、取り外し可能なフィルターを搭載しているから、手入れが簡単で清潔に使用することが可能だ。

安全面にも配慮されており、沸騰時及び空だき時、さらには電源ベースからケトルが外れた時は、自動で電源がオフになる機能が搭載されている。

本体サイズは、本体のみで幅225mm、奥行き、135mm、高さ200mm、重さは0.7kg。電源ベース込みで幅225mm、奥行き135mm、高さ220mm、0.88kg。本体カラーは、ホワイトとブラックの2色を用意。

※価格は記事作成当時のものです。

調理家電暮らし・生活・ペット
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース