テスコムは、オーブントースターの新製品として、「低温コンベクションオーブン(TSF61A)」を発売した。本機は、従来モデルに新しく「上火グリル」モードを搭載したのが特徴で、上火で加熱することで火が通りにくい食材でもしっかり焼き上げることが可能になった。

テスコム
低温コンベクションオーブン TSF61A

●実売価格:1万6500円程度

テスコムは、オーブントースターの新製品として、「低温コンベクションオーブン(TSF61A)」を発売した。

画像1: テスコム 低温コンベクションオーブン TSF61A

本機は、1台で6役の機能を併せ持つオーブントースターで、35℃の低温ドライ調理から、230℃の高温オーブン調理まで幅広く対応する。低温調理では、最長12時間の長時間調理ができるので、ローストビーフや甘酒、ヨーグルトなどを作ることができる。

画像2: テスコム 低温コンベクションオーブン TSF61A

また、オーブン調理機能では、グラタンか・ピザなどのオーブン料理から、野菜・魚・ハンバーグなどのグリル料理などを調理できる。新機能の「上火グリルモード」を使えば、グラタンの焦げ目なども美味しく焼き上げることが可能だ。

画像: 上火グリルモードを使えば、焦げ目もつけることができる。

上火グリルモードを使えば、焦げ目もつけることができる。

さらに、ノンフライ調理にも対応しており、熱風で加熱するから、表面はサクッとしていながら、中味なジューシーに仕上げることができる。スーパーなどで購入した総菜なども、揚げたてのようなサクサク状態にすることが可能だから、いつでもおいしいフライ料理を食べることができる。

庫内は、奥行きがあるので、トーストなら4枚同時に焼くことができ、ピザならMサイズ(約25cm)まで焼き上げることが可能だ。

画像3: テスコム 低温コンベクションオーブン TSF61A

付属品として、焼き網、あし付き網、天板が付属しており、あし付き網を使えば、ドライフルーツなどの乾燥調理を2倍作ることもできる。

画像4: テスコム 低温コンベクションオーブン TSF61A

業界初!ジップロックの使用が公認されている低温調理器

本機は、ジップロックに食材をいれたまま低温調理を行うことができる家電として業界では初めてジップロックの使用が公認されている低温調理器で、フリーザーバックの中で下味をつけた後、そのまま低温調理をしたり、低温調理後にそのままストック食材として冷凍したりすることができるので、使い方の幅を広げられる。

画像5: テスコム 低温コンベクションオーブン TSF61A

本体サイズは、幅345mm、奥行き410mm、高さ240ⅿ、重さは4.7kg。消費電力は1200W。温度調整幅は35~230℃までの20段階。付属品は、天板、焼き網、あし付き網、レシピブックとなっている。

※価格は記事作成当時のものです。



This article is a sponsored article by
''.