ネット銀行に負けじと、メガバンクもサービス改善や経営のスリム化を行っています。メガバンクの最新のサービス状況を知っておきましょう。

メガバンクの特徴

通帳は有料化や廃止へコストダウンが進む

メガバンクや準メガバンクの強みといえば、店舗網を生かした対面サービスが特徴。自行ATMも多いので、平日日中なら手数料無料で出金できるメリットがあります。一方で、最近は店舗やATMの削減・共通化など、経営のスリム化を急ピッチで進めています。

みずほ銀行や三井住友銀行では、紙の通帳の発行に手数料(みずほは1100円、三井住友は年間550円)を導入。三菱UFJ銀行も2022年4月に導入予定です(年間550円)。また、三菱UFJ銀行やりそな銀行、三井住友銀行では、2年以上未利用の普通口座に維持管理手数料(三菱UFJとりそなは1320円、三井住友は1100円)が導入されています。これに合わせて、以前よりネットバンキングの振込手数料などが改善されました。

ただし、ネット銀行と比較するとまだまだ手数料が高く、手数料が無料になる優遇制度がある場合でも、その条件は厳しい傾向があります。

主要メガバンク・準メガバンクの主な金利と手数料

銀行名三菱UFJ銀行三井住友銀行みずほ銀行りそな銀行ゆうちょ銀行
普通預金金利
(税引き前、年率換算)
0.001%0.001%0.001%0.001%0.001%※5
定期預金金利
(税引き前、年率換算)
0.002%0.002%0.002%0.002%0.002%※6
ネット振込
手数料
(税込)
同行宛無料無料無料無料月5回までは無料
(以降は100円/回)
他行宛3万円未満:154円/回
3万円以上:220円/回
3万円未満:165円/回
3万円以上:330円/回
3万円未満:150円/回
3万円以上:320円/回
165円/回165円/回
ATM出金
手数料
(税込)
自行ATM無料~110円/回無料~110円/回無料~220円/回無料~110円/回無料※7
メガバンク・
準メガバンク
三井住友銀行:無料~220円/回※1
みずほ銀行、りそな銀行、
ゆうちょ銀行:110~220円/回
三菱UFJ銀行:無料~220円※3
みずほ銀行、りそな銀行、
ゆうちょ銀行:110~220円/回
三菱UFJ銀行、三井住友銀行、
りそな銀行、ゆうちょ銀行:
110~220円/回
三菱UFJ銀行、三井住友銀行、
みずほ銀行、ゆうちょ銀行:
110~220円/回
三菱UFJ銀行、三井住友銀行、
みずほ銀行、りそな銀行:
110~220円/回
セブン銀行無料~330円/回※2無料~330円/回※4110~220円/回110~220円/回110~220円/回
ローソン銀行220~330円/回
E-net
(ファミリーマート)
無料~308円/回※2110~220円/回
その他提携先無料~220円/回無料~220円/回無料~220円/回無料~220円/回
※1:店舗外ATMを8時45分~21時の利用で無料。
※2:毎月25日・月末日の8時45分~18時の利用で無料。
※3:店舗外ATMを平日8時45分~18時利用で無料(毎月25日・26日は18時以降も無料)。
※4:毎月25日・26日の8時45分〜18時の利用で無料。
※5:「通常貯金」の金利。
※6:「定期貯金」の金利。
※7:駅やショッピングセンター、ファミリーマートなどにあるゆうちょATMのみ無料~110円。

◆この記事は2022年3月12日発行の「絶対得する!ネット銀行の賢い選び方&使い方」(マキノ出版)から掲載しています。記事内の情報は発行日のものです。最新の情報は各銀行の公式サイト等をご確認ください。



This article is a sponsored article by
''.