ゼンハイザーは、カナル型イヤホンの新製品として「IE 600」を発売した。本機は、高性能の7mm TrueResponseトランスデューサーを搭載しているのが特徴で、シングルダイナミックドライバーならではの低域から高域まで、ニュートラルでありながら臨場感溢れる音のレイヤーと艶やかなボーカルで、極上のサウンド体験ができる。

ゼンハイザー
IE 600

●価格:9万9800円

ゼンハイザーは、カナル型イヤホンの新製品として「IE 600」を発売した。本機は、高性能の7mm TrueResponseトランスデューサーを搭載しているのが特徴で、シングルダイナミックドライバーならではの低域から高域まで、ニュートラルでありながら臨場感溢れる音のレイヤーと艶やかなボーカルで、極上のサウンド体験ができる。

画像1: ゼンハイザー IE 600

本機のハウジング素材には、ドイツのへレウス社が提供するAMLOY-ZR01というアモルファスジルコニウム素材(ジルコニアとは違う素材)をハウジングに採用している。通常のメタルよりも頑丈でありながら伸縮性があり、気温の変化に強い特性を持つ同素材をイヤフォンのハウジングに使用するのは極めて稀なことで、腐食に強いため経年劣化しにくく長い年月に渡って高いパフォーマンス維持してくれる。

画像2: ゼンハイザー IE 600

また、アモルファスジルコニウムはNASAの火星探査機のドリルにも使用されるほどの素材で、その耐久性や堅牢度がうかがえる素材だ。高品質なイヤホン内部のパーツを保護するという観点からも優れた素材と言える。加えて、アモルファスジルコニウム素材はアルミや樹脂素材よりも"重さ"があるため、外音を遮断することに優れており周囲の音に左右されることなくイヤホンから流れ出るサウンドだけを楽しむことができる。さらに、ハウジングの形成には超高性能3Dプリンターを用いてパウダーの状態からレイヤーごとに効率よく積層していく粉末焼結積層造形法で製造するなど、素材と製法にこだわったハウジングとなっている。

内部構造は、マスキングによる共振を排除するための機能として、ノズル部分にデュアルレゾネーターチャンバーを搭載。

画像3: ゼンハイザー IE 600

これにより、余計な振動を減少させることができ、中高域の特定周波数帯域の耳に刺さるような音を抑制できる。結果的に、低域、中域、広域と全ての周波数帯域に調和をもたらし、まとまりのあるサウンドを再現させている。

画像: デュアルレゾネーターチャンバー搭載のノズル

デュアルレゾネーターチャンバー搭載のノズル

デュアルレゾネーターチャンバー以外にも、クリアなサウンドを実現するために重要な役割を果たすのが上位モデル「IE900」にも採用されているアコースティックバックボリューム機構だ。これは、ハウジング内のエアーの方向と量を調節し、低域と中域の分離感をスムーズにしてくれる機構のことで、これにより不要な共振を取り除き、不快な音をなくし、淀みないニュートラルで存在感のある低域と中域のサウンドを実現している。

画像4: ゼンハイザー IE 600

付属品にはシリコンとフォームのイヤーピースがそれぞれS、M、Lの3サイズ(6種類)用意されており、自分の耳のサイズや好みに合ったものを選んで装着感を自在に調整することが可能だ。

画像5: ゼンハイザー IE 600

さらに、3.5mmのケーブルに加え4.4mmのバランスケーブルが付属されているため日常使いのスマートフォンからこだわりのDAPまで幅広く対応可能だ。キャリングケースも付属するから、すべてをコンパクトに収納できる。

使用するコネクターは、Fidelity+MMCXコネクターを採用しており、高い耐久性と安定感で上質なサウンドをサポートしてくれる。ケーブルは8000回以上の折り曲げにも耐えることができるパラアラミド繊維で強化したケーブルで高い耐久性を誇る。

画像6: ゼンハイザー IE 600

※価格は記事作成当時のものです。



This article is a sponsored article by
''.