【Excel関数】カレンダーの土日に色を付ける方法 WEEKDAY関数と条件付き書式を組み合わせる

アプリ

エクセルでカレンダーを作成する場合、曜日を判定する「WEEKDAY関数」と条件付き書式を組み合わせれば、土日に色を付けることができる。「WEEKDAY関数」は、日付が土曜なら「2」、日曜なら「1」という値を返すので、その値を条件として書式を設定する。

土曜は青に、日曜は赤にしたい!

カレンダーの土日に色を付ける

曜日を判定するWEEKDAY関数と条件付き書式を組み合わせれば、カレンダーの土日に色を付けることができます。WEEKDAY関数は、日付が土曜なら「2」、日曜なら「1」という値を返すので、その値を条件として書式を設定すればOKです。

WEEKDAY 日付データの曜日を求める
=WEEKDAY(シリアル値,種類)

日付と曜日のセルをすべて選択する((1))。「ホーム」タブ((2))の「条件付き書式」ボタンをクリックし((3))、「新しいルール」を選択する((4))。

「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択((5))。日曜に色を付ける場合は「=WEEKDAY($A2)=1」と入力する((6))。日付を縦に入力しているので、複合参照の「$A2」で列だけを固定する。「書式」ボタンをクリックして塗りつぶす色を指定し((7))、「OK」ボタンをクリックする((8))。

指定したセル範囲の中から、日曜日の場所だけ指定した色で塗りつぶされた((9))。同じ手順で土曜日のルールを作成する。

土曜日を色分けする場合も同様の手順で行う。土曜日の曜日番号は「7」なので、条件には「=WEE
KDAY($A2)=7」と入力する((10))。あとは「書式」ボタンをクリックし、土曜日のセルを塗りつぶす色を指定すればいい((11))。

※この記事は『エクセルが2週間で身につく(楽)上達講座』(マキノ出版)に掲載されています。

▼『エクセルが2週間で身につく(楽)上達講座』の記事をもっと読む

#エクセル上達講座 – 特選街web

#エクセル上達講座 の記事一覧 – 1979年創刊。暮らしの中のベストを選ぶ商品情報誌「特選街」のウエブサイトです。家電、スマホ、パソコン、AV、カメラ、車、アウトドアなどの選び方から活用方法まで「知って得する」情報がいっぱい!

tokusengai.com