アテックスは、美にまつわるアイテムをラインアップする新ブランドのルルドボーテから、「ルルドボーテ フェムオンテック 温灸(AX-HPL151)」と「ルルドボーテ フェムオンテック 温プレートEMS(AX-FRL914)」を発売した。いずれの製品もフェムテック製品で、女性特有の体の悩みをテクノロジーを使って解決するための製品となっている。

アテックス
ルルデボーテ フェムオンテック 温灸/オンプレート EMS

●価格:いずれも=9900円

ルルドボーテのフェムテックアイテム、温灸と温プレートEMS

アテックスは、美にまつわるアイテムをラインアップする新ブランドのルルドボーテから、「ルルドボーテ フェムオンテック 温灸(AX-HPL151)」と「ルルドボーテ フェムオンテック 温プレートEMS(AX-FRL914)」を発売した。

いずれの製品もフェムテック製品で、女性特有の体の悩みをテクノロジーを使って解決するための製品となっている。

ルルドボーテ フェムオンテック温灸

「フェムオンテック 温灸」は、火を使わないデジタル温灸で、気になる部位を温めることで日々の悩みに効果を発揮してくれる。

画像: 温灸「AX-HPL151」

温灸「AX-HPL151」

高い熱伝導率をもつ新素材グラフェンを使用により、速暖性に優れており、筋肉の凝りや疲労回復、神経痛、筋肉痛の緩和、胃腸の働きを活発化させるなどの効果が期待できる。温度は3段階の設定が可能で、機器本体の中央のボタンを押すとLEDの色が変化し、温度の切り替えが分かりやすく表示されるようになっている。また安全に配慮し、自動で温度をコントロールする温度調節プログラムも搭載されている。

機器本体を体に固定する粘着シールが付属し、この粘着シール(一回ごとの使い切りタイプ)を本体に貼り付けて使用する。一般的なお灸は寝た状態で使用するケースが多いが、本機では粘着シールで機器を固定するから座った姿勢でも使用が可能だ。粘着シールには、無香タイプ(18枚)とよもぎの香り(12枚)の2タイプを付属。気分に合わせて使うことができる。

画像: ルルドボーテ フェムオンテック温灸

本体をピタッと収納できる持ち運びに便利な充電ケース付きで、重さは120g(温灸本体+ケース)ととても軽い。充電ケーブルをケースに差し込み約2時間の充電で、約2時間の使用が可能となっている。約15分で自動オフになるタイマー機能も搭載。

本体サイズは、直径46mm、高さ22mm 、重さは約30g(個)。充電ケースは、幅約115mm、奥行き60mm、高さ36mm、重さは約60g。充電ケース、ACアダプター、充電ケーブル、粘着シール(無香18枚・よもぎ12枚が付属する。粘着シールは別売で追加購入も可能となっている。


ルルドボーテ フェムオンテック 温プレートEMSの特徴

一方、「ルルドボーテ フェムオンテック 温プレートEMS」は、温熱とEMSを搭載した、おなかを温めるための機器で、2段階の温度調節(LOW・HIGH)と、3段階の強度をセレクトできるEMSによって、お腹を温めながら心地よく筋肉を刺激してくれるアイテム。

画像: 「ルルドボーテ フェムオンテック 温プレートEMS」

「ルルドボーテ フェムオンテック 温プレートEMS」

2段階の温度調節では、LOWモードで約40℃、HIGHモードで約44℃に温度が設定されており、LOWモードの約120分のタイマー機能を使えば低めの温度でじっくりとお腹を温めることができる。また、EMSでは、低・中・高周波の強度調整が可能だから、好みに合わせて筋肉を刺激することが可能だ。

画像1: ルルドボーテ フェムオンテック 温プレートEMSの特徴

ショーツに挟むクリップ式だから、簡単に装着ができるうえ、体に触れる部分は緩やかなカーブ形状に設計していることから、服の上からでも、目立ちにくくなっている。

画像2: ルルドボーテ フェムオンテック 温プレートEMSの特徴

本体とコード類が収まる収納ポーチ付きで、持ち運びにも便利。素材は丸洗いしやすいシリコン製だから、衛生的な使用が可能だ。

画像3: ルルドボーテ フェムオンテック 温プレートEMSの特徴

本体サイズは、幅約120mm、奥行き85mm、高さ30mm、重さは、約85g、収納ポーチは、幅約140mm、奥行き100mm、高さ30mm、重さは約50g。USBケーブル、収納ポーチ、ストラップが付属する。

※価格は記事作成当時のものです。



This article is a sponsored article by
''.