iPhoneには、Apple純正の「メモアプリ」が最初からインストールされている。単にメモを取るためのアプリだと思っている人もいるだろうが、実はいろいろな機能が備わっているのだ。タグ付けや共有などの機能を活用すれば、よりスマホライフが便利になる。前回の記事の続編として、引き続き、メモアプリの基本操作を紹介していく。

iPhone標準搭載【メモアプリ】の使い方 文字入力からPDFの作成方法まで便利な基本操作を1から解説〈前編〉

※本記事はiOS 15.6の画面で解説している。

タグを入れてメモを探しやすくする

メモにタグを付ける

メモアプリには、タグ機能がある。タグとは、ラベルのようなもので、メモを探しくやするための機能だ。たとえば、お弁当のおかずのメモを作成した場合、「遠足のお弁当」と「卵のおかず」のタグを付けておけば、「遠足のお弁当」で抽出することも、「卵のおかず」で抽出することもできるようになる。

タグの付け方は簡単だ。「#」を入力した後に、キーワードを入力し、キーボードの「空白」キーまたは「改行」キーをタップするだけ。タグと認識されると、オレンジ色の文字になる。

なお、過去に作成したタグがある場合は、「#」を入力すると、下部に候補が表示され、タップして入力できるようになっている。

画像: 「#」を入力してからキーワードを入力し、「空白」キーまたは「改行」キーをタップする

「#」を入力してからキーワードを入力し、「空白」キーまたは「改行」キーをタップする

画像: タグはオレンジ色で表示される

タグはオレンジ色で表示される

画像: 最近付けたタグは、候補表示される。

最近付けたタグは、候補表示される。

タグを使って検索

では、タグを使ってメモを探す方法を説明しよう。

まず、「フォルダ」リストを表示させよう。メモを開いている場合や「メモ」リストを表示している場合は、左上「<」をタップして「フォルダ」リストに切り替えよう。

フォルダリストの下部にタグが並んでいる。ここは「タグブラウザ」と呼ばれていて、この部分を使ってメモを抽出できる。

1つ目のタグをタップした後、さらに絞り込みたい場合は、別のタグをタップする。そうすることで、1つ目と2つ目の両方のタグがついているメモが抽出されるというわけだ。

このように、メモにタグをつけることで検索しやすくなるので、極力タグを付けるようにしよう。特に、写真や動画だけのメモは、入力した文字と違って検索ができないので、必ず付けるようにした方がよい。ただし、ロックをかけたメモにタグ付けしても抽出できない。

画像: 「フォルダ」リストの下部のタグをタップ。

「フォルダ」リストの下部のタグをタップ。

画像: タグが入っているメモが抽出された。2つ目のタグをタップ。

タグが入っているメモが抽出された。2つ目のタグをタップ。

画像: 2つのタグが含まれているメモだけが抽出された。

2つのタグが含まれているメモだけが抽出された。

タグの名前を変更する

後からタグを修正したいときには、メモを開かずにできる。「フォルダ」リストの下部にあるタグを長押しし、「タグの名前を変更」をタップする。すると、すべてのメモのタグが新しい名前に変更される。

画像: 「フォルダ」リストの下部で、タグを長押しする。

「フォルダ」リストの下部で、タグを長押しする。

画像: 「タグの名前を変更」をタップ。

「タグの名前を変更」をタップ。

画像: 名前を変更して「名称変更」をタップ。

名前を変更して「名称変更」をタップ。

タグを削除する

メモに付けたタグを削除するには、「#〇〇」を削除すればよいだけだが、そのタグを他のメモからも削除したいときには、タグごと削除することが可能だ。

「フォルダ」リストの下部にあるタグを長押しし、「タグを削除」をタップする。メッセージが表示されるので、本当に削除してよければ「削除」をタップする。これですべてのメモからそのタグが削除される。

画像: タグを長押しする。

タグを長押しする。

画像: 「タグを削除」をタップ。次の画面で「削除」をタップ。

「タグを削除」をタップ。次の画面で「削除」をタップ。



This article is a sponsored article by
''.