万年筆のインクは、購入したのと同じ店に行って探すのが最も無難な方法です。購入歴があれば、いろいろと相談しやすいでしょう。ほかにも専門店や文具博などのイベントも狙い目です。アマゾンやヨドバシといった大手以外に、筆記具専門のインターネット通販でもインクは購入可能。

インクはどこで買えばいいの?

専門店や万年筆を購入した店・文具博などのイベントも狙い目

インクは、万年筆を購入したのと同じ店に行って探すのが最も無難な方法です。購入歴があれば、いろいろと相談しやすいでしょう。ただし、大部分の店では開封しての試し書きには対応していないので、色合いの確認はサンプルを見るしかありません。また、色合いは紙の種類や照明などにも影響されますから注意しましょう。

画像: セーラー万年筆のウェブサイトにある取扱店の検索ページでは、地域だけでなく「インク工房」のように取扱商品を条件にして絞り込めるので、近くの実店舗を探してみよう。

セーラー万年筆のウェブサイトにある取扱店の検索ページでは、地域だけでなく「インク工房」のように取扱商品を条件にして絞り込めるので、近くの実店舗を探してみよう。

実際に書いた色を見たい場合には、「文具博」や「インク工房」といったイベントに参加してみるのがおすすめです。このとき、自分の万年筆や、普段から使っているノート、便箋などを持参すれば、色合いの確認に役立ちます。最初から買いたいインクが決まっているか、あるいは同じインクをリピート購入する場合はネット通販を利用する方法もあります。

アマゾンやヨドバシといった大手以外に、筆記具専門のインターネット通販でもインクは購入可能だ。画像は「世界の筆記具 ペンハウス」のウェブサイト。

画像: https://www.pen-house.net/

https://www.pen-house.net/

◆監修者:高畑正幸

※この記事は『「手書き」をとことん楽しむ万年筆・ガラスペン入門 』(マキノ出版)に掲載されています。



This article is a sponsored article by
''.