パナソニックは、エアーマッサージャー「リフレ」シリーズに新たなモデルとして足首からふくらはぎまでマッサージしてくれる「エアーマッサージャー EW-RA150(ねるまえほっとリフレ)」を発売した。本製品は、ベッドや布団の上に本体を置き、仰向けになった状態で、本体に脚を入れるだけですぐに使えるアイテムとなっている。エアーバッグが足首からふくらはぎまで心地よいマッサージをしてくれる。

パナソニック
エアマッサージャー EW-RA150(ねるまえほっとリフレ)

●実売価格:4万4000円程度

パナソニックは、エアーマッサージャー「リフレ」シリーズに新たなモデルとして足首からふくらはぎまでマッサージしてくれる「エアーマッサージャー EW-RA150(ねるまえほっとリフレ)」を発売した。

画像: パナソニック エアマッサージャー EW-RA150(ねるまえほっとリフレ)

本製品は、ベッドや布団の上に本体を置き、仰向けになった状態で、本体に脚を入れるだけですぐに使えるアイテムとなっており、エアーバッグが足首からふくらはぎまで心地よいマッサージをしてくれる。

画像: 就寝前に横になって脚を本体に入れ、スタートさせれば、エアーバッグが心地よくマッサージを行ってくれる。

就寝前に横になって脚を本体に入れ、スタートさせれば、エアーバッグが心地よくマッサージを行ってくれる。

本体に脚を入れるだけの簡単装着で、手のひらで包み込むように360度マッサージをしてくれる。エアーでゆっくり広範囲に圧力をかけ、素早くエアーを抜くなど、エアーマッサージャーならではの包み込まれるようなマッサージを体感することができる。

上下のエアーバッグを重ねることで、下から上に圧迫し、手のひらで包み込み、もみほぐすようなマッサージを行ってくれる。さらに、片足ずつ交互に持ち上げるリズム感のあるウェーブで、心地よいマッサージ感を実現。足の入れ方を変えることで、足先・足裏・かかとをエアーで圧迫しながらストレッチすることも可能だ。フットカバーには、「線ヒーター」を搭載しており、マッサージなしの温感機能だけでも、最大60分の使用が可能となっている。

画像: エアーバッグ構造のイメージ図。

エアーバッグ構造のイメージ図。

操作は、横になったまま行えるようにワイヤレスリモコンを採用しており、脚に布団を掛けたままでも簡単に操作することができる。マッサージコースは、全部で3つあり、就寝時に横になってゆっくりふくらはぎや足首をほぐしたい時用に「おやすみ前」コース(20分)、短時間でふくらはぎや足首をスッキリさせたい時用に「クイック」(10分)、ヒール疲れや立ち仕事などで疲れた足裏や足の甲をストレッチしたい時用に「ストレッチ」(10分)となっており、好みに合わせてセレクトして使用することができる。

画像: マッサージコースは3つ。好みのコースを選んでスタートさせるだけで、心地のいいマッサージ体験が可能だ。

マッサージコースは3つ。好みのコースを選んでスタートさせるだけで、心地のいいマッサージ体験が可能だ。

インナーカバーは、取り外しが可能で、洗濯(手洗い)することもできる。また、抗菌加工も施されているから、衛生的に使用することができる。

本体サイズは、(約)幅70cm、奥行き54cm、高さ6cm、重さは、約1850g。対応サイズは、ふくらはぎ周囲が、約27~約48cm、足のサイズが、約20~28cmに対応している。

◆パナソニック:「エアーマッサージャー EW-RA150(寝るまえほっとリフレ) の公式サイト



This article is a sponsored article by
''.