【モバイルバッテリー】ライトニング端子にズバッと直挿し、iPhoneを使いながら充電! 『Anker Nano Power Bank』

ガジェット

モバイルバッテリーは便利だが、ケーブルで充電していると思うように使いにくいし、かさばる。そこでiPhoneユーザー限定で、ライトニング端子に直挿し可能な『Anker Nano Power Bank(アンカー・ナノパワーバンク)(12W, Built-In Lightning Connector/12ワット ビルト・イン・ライトニング・コネクター)』が便利だ。

必要最低限の1回フル充電サイズ。約99gの軽量、これでいい!

モバイルバッテリーは、たまに使うだけ。そんなライトユーザーにとって、大容量は不要だし、カバンが重くなる原因だ。ケーブルまで入れると、けっこうかさばる。いざというときのための保険としては、少々重すぎる。

カラーバリエーションは、ブラック、ホワイト、ブルー、ピンク、グリーン、パープル(グリーンのみ2023年秋以降発売予定)の6色展開

そうした必要最低限の機能に絞って軽量化をはかってほしいと願う層、かつiPhoneユーザーにとって便利なのが、アンカー・ジャパン『Anker Nano Power Bank(12W, Built-In Lightning Connector』(5000mAh・税込3,990円・2023年8月15日発売)だ。

iPhone特有の端子であるライトニング端子にケーブル不要で直接挿せることで(ケース下部が5mm以内のiPhoneケースならそのまま使用可能)、充電しながらの使用もしやすくなっている。本体充電時はUSB-Cポートを使う。端子部分は折りたためるので、カバンの中でも持ち物を傷つける心配はない。

容量は5000mAhで、iPhone 14を約1回充電できる程度。Apple MFi認証を取得しており、バッテリー製品の品質に定評のあるアンカー製品という安心感もある。

【スペック】
入力:USB-C 5V=3A
出力:Lightning 5V=2.4A
対応機種:iPhone シリーズ(14 / 13 / 12 など)、AirPods

入手はAnker Japan公式サイトや、各オンラインショップ、一部家電量販店で可能だ。

■公式サイト

ガジェットiPhone
シェアする
特選街web 編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源にウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月からはハンドメイド・手作り実用書の老舗出版社・ブティック社が運営スタート。"暮らしの中でベストな商品を選ぶ"ためのヒントを、続々発信中!

特選街web 編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース