【最新スマホ選び】最低限おさえておきたい3ポイント「デュアルカメラ」「縦長」「認証機能」

Android

ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアでスマホを買う前に、これだけは押さえたいポイントがある。それは「デュアルカメラ」「縦長」「認証機能」3つ。

デュアルカメラ搭載モデルが続々登場!認証機能も注目

18対9や19対9の縦長画面モデルが増えている

スマホの購入を考えているなら、最新モデルのトレンドを押さえておきたい。まずディスプレイだが、画面の縦横比が18対9や19対9など、フルHDの16対9よりも縦長化しているモデルが増えている。また狭額縁化が進み、最上部にカメラなどを配置するスペースがなくなったため、切り欠き(ノッチ)のあるデザインを採用するモデルもある。

次に、カメラのトレンドといえばデュアルカメラ。二つのカメラを生かし、スマホならではの写真を撮影できる。ただし、同じデュアルカメラでも、特徴はさまざまだ。例えば、アップルのiPhone XやサムスンのGalaxy S9+は、広角と望遠のレンズを搭載し、光学2倍ズーム相当を実現している。ファーウェイはモノクロとカラーのレンズを組み合わせ、暗所に強い画像に仕上げている。さらに、同社のHUAWEI P20 Proは、世界で初めてトリプルカメラを搭載している。

また、生体認証も必須機能となっているが、ハイエンドモデルでは、指紋だけでなく、顔認証や虹彩認証を搭載した端末も多い。例えば、Galaxy S9+は、指紋、顔、虹彩のすべてに対応している。

■最新スマホのトレンドはここ!

ディスプレイ、カメラ、認証機能は、メーカーの”個性”が色濃く出る。スマホの特徴が出やすい部分といえる。

アップル
iPhone X
実売価格例:12万5064円(64GBモデル)
ドコモ/au/ソフトバンク

画面デザイン
上部にノッチと呼ばれる切り欠きがあり、通知エリアが狭くなっている。

ファーウェイ
HUAWEI P20 Pro
実売価格例:10万3680円
ドコモ

デュアルカメラ
ハイエンドでは2カメラが当たり前。3カメラ機も登場。

サムスン
Galaxy S9+
実売価格例:11万4560円
ドコモ/au

生体認証
指紋認証以外に、顔認証や虹彩認証対応が増えている。

解説/石野純也(ジャーナリスト)

実売価格例は、キャリアのオンラインショップで新規契約・一括購入時のものです。

AndroidiPhoneガジェット
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース